アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)

レース屋が鍛えた公道マシン 2016.10.05 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。

RSのさらなるハイパフォーマンスモデル

アウディのオフィシャルウェブサイトを見れば、「RS」シリーズの特別感がまずはいかほどのものかよく分かる。メニューの横にあるモデルラインナップ。左から順に「A1」や「A3」とセグメントの小さなモデルが並び、「TT」「R8」に続いておかれるのが、このRSシリーズだ。車名の横にはR8と同様に、誇らしげな赤いラインが入る。アウディが参戦するモータースポーツで鍛えられた最先端テクノロジーと、スポーツモデルにふさわしいスタイリングやパフォーマンスを持つ「アウディスポーツ」と呼ばれるシリーズの象徴ともいえる赤いラインだ。

既報だが、アウディはこのアウディスポーツを特別なラインナップとしてサブブランド化。ミドシップスーパーカーのR8を筆頭に、この7月から日本でも本格展開を始めた。アウディスポーツを簡単にいうなら、メルセデスでいうAMGのようなスポーティーでエクスクルーシブな存在として立ち位置を明確化したものになる。

AMGモデルの開発や製造(一部の例外あり)を、メルセデス傘下にある──かつてのハウスチューナーと言った方が通りはよいかもしれない──レーシングディビジョンの武闘派たるメルセデスAMGが担当するように、アウディではレーシングマシンや市販のスペシャルモデルをクワトロGmbH(以下クワトロ社)が担当する。ドイツ国内で人気のレース、DTMの参戦マシンもクワトロ社の手になるもので、現行RSモデルシリーズもクワトロ社謹製だ。

本国に合わせ、アウディスポーツのサブブランド化と同時に、この特別なモデルを取り扱うにふさわしいよう販売網も強化。選ばれた全国24拠点でのみアウディスポーツのセールスを行う。

下は「RS 3」から上は「RS 7」まで、日本で購入可能なRSモデルは全7モデルという陣容だ。その中で唯一SUVスタイルを採用するRSモデルが、このRS Q3パフォーマンスである。ネーミングからも分かるように、このモデルは従来のRS Q3のハイパワーバージョン。今年3月のジュネーブショーでワールドプレミアされたホットなモデルだ。欧州市場ではRS Q3の上級モデルという位置づけだが、日本市場は潔くトップモデルのパフォーマンスのみを導入する。

テールゲートに装着された「RS Q3」のバッジ。赤いひし形のマークは「アウディスポーツ」の象徴で、アウディスポーツ店のデザインにもそのモチーフが使われている。
テールゲートに装着された「RS Q3」のバッジ。赤いひし形のマークは「アウディスポーツ」の象徴で、アウディスポーツ店のデザインにもそのモチーフが使われている。
インストゥルメントパネルやドアパネルだけではなく、ピラーやルーフライニングまでブラックで統一されたインテリア。ステアリングホイールやシフトセレクターなど、各所に「RS」のロゴがあしらわれる。
インストゥルメントパネルやドアパネルだけではなく、ピラーやルーフライニングまでブラックで統一されたインテリア。ステアリングホイールやシフトセレクターなど、各所に「RS」のロゴがあしらわれる。
「RS Q3パフォーマンス」には無償オプションとして「RS performanceデザインパッケージ」が用意されている。写真は同オプションに含まれる、ブルーの差し色が入ったカーボン調の装飾パネル。
「RS Q3パフォーマンス」には無償オプションとして「RS performanceデザインパッケージ」が用意されている。写真は同オプションに含まれる、ブルーの差し色が入ったカーボン調の装飾パネル。
「RS performanceデザインパッケージ」に含まれる、黒を基調にブルーのグラデーションがあしらわれたレザーとアルカンターラのシート。
「RS performanceデザインパッケージ」に含まれる、黒を基調にブルーのグラデーションがあしらわれたレザーとアルカンターラのシート。
「アウディQ3」をベースとした高性能モデルとして2014年3月に日本に導入された「RS Q3」。現在では上級モデルの「RS Q3パフォーマンス」のみが日本で販売されている。
「アウディQ3」をベースとした高性能モデルとして2014年3月に日本に導入された「RS Q3」。現在では上級モデルの「RS Q3パフォーマンス」のみが日本で販売されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る