スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)

実用志向のSTIファンへ 2016.10.04 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。

STIネームのさまざまな効能

レヴォーグという名前は響きがいい。「レガシィツーリングワゴン」の時代からスバルの主力車種としてワゴンは好評を博しており、レヴォーグというネーミングはその伝統を受け継ぎ、新たなる時代を切り開く存在にふさわしいと思う。そこにSTIネームが加わった。STIというとモータースポーツのイメージも強いが、今回のSTI Sportはカタログモデルという扱いで、量産を前提として一般化され、STI風味を利かせた最上級グレードという感覚でまとめられている。

STIの本性はチューニングカーであり、量産車では成しえない細部までの作りこみや、調整においてきめ細かな細工がほどこされていて、製造公差の範囲にあれば見過ごされてきたある種ラフな部分を、一度バラして再度きっちりと組み立て直すというような、高度な仕上げ感をもっている。

その少数生産の手作業的なものがライン化されることにより、工場全体の作業密度が高まることになり、それ以外の製品づくりにも好影響を及ぼすことは間違いない。これまでの日本車は良質感に対して低価格であることが魅力であったが、これからは高品質をもって高価格で売れる商品に成長させようという意気込みが感じられる。

外観デザインや細部のフィニッシュなどは、写真でご覧の通り、丁寧な仕上げによる上質感が漂っている。もっとも、それ以上に大事なことは、日常性や乗り心地などの基本的な振る舞いが上品であるかどうかだ。いくら高性能車らしいエンジンを積んで太いタイヤでたくましくみせても、直進がちょろちょろと乱されたり、ひょこひょことした振動が絶えず、体が揺さぶられたりするような乗り心地では興ざめである。高価格で売るならば、そこは最低限抑えておかねばならない。

「走り始めからすぐに分かる上質な乗り味と高い操縦安定性」が自慢の「レヴォーグSTI Sport」。今回試乗した1.6リッターのほか、2リッターも設定される。
「走り始めからすぐに分かる上質な乗り味と高い操縦安定性」が自慢の「レヴォーグSTI Sport」。今回試乗した1.6リッターのほか、2リッターも設定される。
インテリアは「STI Sport」のテーマカラーである「ボルドー」でコーディネートされる。
インテリアは「STI Sport」のテーマカラーである「ボルドー」でコーディネートされる。
1.6リッターのボクサー4ターボ(FB16型)は170psと250Nm(25.5kgm)を生み出す。
1.6リッターのボクサー4ターボ(FB16型)は170psと250Nm(25.5kgm)を生み出す。
ダークグレーの専用18インチアルミホイールが足元をスポーティーに演出する。
ダークグレーの専用18インチアルミホイールが足元をスポーティーに演出する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る