ホンダNSX(4WD/9AT)

“走り”に文句はないものの 2016.10.08 試乗記 11年ぶりに復活したホンダのスーパースポーツ「NSX」。独自のハイブリッドシステムを搭載した同車の実力はどれほどのものなのか? ドイツ勢のライバルである「アウディR8」や「ポルシェ911ターボS」との比較を交え、それを検証した。
「ホンダNSX」には左右の前輪に個別に駆動力とマイナストルクをかけることで、トルクベクタリングの効果を生み出す「ツインモーターユニット」が搭載される。
「ホンダNSX」には左右の前輪に個別に駆動力とマイナストルクをかけることで、トルクベクタリングの効果を生み出す「ツインモーターユニット」が搭載される。
随所に本革やバックスキンなどの素材が使用されたインテリア。オプションで、カーボン調の装飾パーツも用意されている。
随所に本革やバックスキンなどの素材が使用されたインテリア。オプションで、カーボン調の装飾パーツも用意されている。
キャビンの後方には3.5リッターV6ツインターボエンジンとそれをアシストするモーター1基、9段デュアルクラッチ式ATが搭載される。
キャビンの後方には3.5リッターV6ツインターボエンジンとそれをアシストするモーター1基、9段デュアルクラッチ式ATが搭載される。
フロントには、「ツインモーターユニット」や各種冷却装置が搭載されるため、収納スペースはない。
フロントには、「ツインモーターユニット」や各種冷却装置が搭載されるため、収納スペースはない。
エンジンの後方に位置するトランクルーム。トランスミッションのアクチュエーターが干渉するため、フロアはフラットになっていない。
エンジンの後方に位置するトランクルーム。トランスミッションのアクチュエーターが干渉するため、フロアはフラットになっていない。

想像以上の動力性能と、要改善の日常性

今回は“ショートショート”のスペースが当方の担当。それゆえざっくり単刀直入に記すと、「見ても乗っても期待と想像以上だった」というのが、新生NSXに対する印象だった。

2012年初頭のデトロイトショーでの披露から、5年近く。当時はコンセプトモデルだったとはいえ、あまりにも早くから見せ過ぎた印象は否めず。それゆえ新鮮さは薄れてしまったが、それでも実車を目の前にすると、ずばり「カッコイイ」と思えたのは確かだ。

ほとんどの採用テクノロジーが“初モノ”にも関わらず、それらの完成度がどれも非常に高く感じられたのは、先般リコールを繰り返した“不祥事”から得られた教訓も生きているのかもしれない。
例えば、ハイブリッドモデルゆえ自動で行われるエンジンの起動/停止のスムーズさや、DCTのプログラミングの巧みさなどはその一例。前輪用モーターを左右輪個別に配し、駆動側のみならず減速側にも制御を行っての“自在トルクベクタリング”が、違和感につながらない範囲で単純な二輪駆動モデルなどでは行えないコーナリング感覚を味わわせてくれるのも、個人的には好意的に受け取れた。

惜しむらくは、ワインディングロードで享受された“その先”の世界を、サーキットで知る機会が得られなかったこと。「ポルシェ918スパイダー」もかくや! というハイテクノロジーの神髄は、やはりそんな領域でこそ発揮されるはずだからだ。

モーター3基にバッテリーやコントロールユニットを搭載した“電動化車両”ゆえ、サイズの割に重いというのはやはりひとつの弱点。全長がひと回り小さい一方で、5.2リッターのV10ユニットを搭載するアウディR8は、比べれば150kgも軽い……というか、“軽さ”では定評あるポルシェ作の911ターボSに、「あと30kg」へと肉薄した今度のR8は、1.7t超だった従来型に対して大幅に軽くなっているのだ。

それでも、いざ走らせればNSXの動力性能は、全く文句の付けようのない迫力の速さ。ターボエンジンながらそのネガを感じさせないのは、ブーストの高まりでトルクアップが得られる以前の段階を、モータートルクが埋め合わせているから。これがまた、わずかな違和感もなくその先の爆発的パワーの盛り上がりへと見事につながっているのも、何とも感心させられる仕上がりだった。

一方、「何とも感心できなかった」のはラゲッジスペース。2人で乗ると、航空機内持ち込みサイズのキャリーケース1つ携えるのも難しそうな小ささは、いかにこうしたモデルでも困りもの。決して広いとはいえないものの、R8はフロントに深い空間が用意されるし、911ターボSならばフロントに立派なトランクルームに加え、リアシート部分も有効なスペースとして使える……というか、乗降性を含め“日常使い”をする気になれるのは、3車中ではこのモデルのみ。あらためて911のRRレイアウトが、合理的で高い実用性を備えていることを教えられるのである。

ところで、街中からのスタート直後には「これはなかなかしなやかだナ」と好感が得られたNSXの乗り味だが、実は”上には上”がいた。同じルート上を前出のR8、そして911で走り比べると、3車中で圧倒的にフラットなのは911であったからだ。

それにしても、ホンダスポーツカーで否めないのは“中間のモデル”が欲しいという印象。NSXでは、例え「半額」になってもとても買えないし、「S660」ではやっぱり物足りない――そんな思いを抱くのは、自分だけではないはずだ。

(文=河村康彦/写真=荒川正幸)

ホンダNSX
ホンダNSX

【スペック】
全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース=2630mm/車重=1780kg/駆動方式=4WD/エンジン=3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ(507ps/6500-7500rpm、56.1kgm/2000-6000rpm)/フロントモーター=交流同期電動機(37ps/4000rpm、7.4kgm/0-2000rpm)×2/リアモーター=交流同期電動機(48ps/3000rpm、15.1kgm/500-2000rpm)/燃費=12.4km/リッター(JC08モード)/価格=2370万円

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編) 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る