「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・フォレスター スタイルモダン」
「スバル・フォレスター スタイルモダン」

富士重工業は2016年10月3日、SUV「スバル・フォレスター」に特別仕様車「スタイルモダン」を設定し、販売を開始した。

シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
 
「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車の画像

フォレスター スタイルモダンは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第6弾。「2.0i-L EyeSight」をベースに、内外装に特別装備が加えられている。

インテリアではシート表皮にブル―グリーンステッチを施した専用のウルトラスエードシートを採用。一方、エクステリアではサイドウィンドウ全周とサイドクラッディングにクロームモールを施した。また、「S-Limited」に標準装備されている18インチアルミホイール&タイヤを、メーカーオプションとして選択できる。価格は280万8000円。

上記を含む特別装備は以下の通り。
・専用ウルトラスエード/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ+専用タグ)
・専用ウルトラスエードドアトリム/合成皮革ドアトリムアームレスト(ブルーグリーンステッチ)
・専用インパネ加飾(クロスメッシュ+シルバー塗装)
・全周サイドウィンドウクロームモール
・サイドクラッディングクロームモール
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席パワーシート
以下はメーカーオプションとして選択可能。
・18インチアルミホイール
・パワーリアゲート
・シルバールーフレール
・アドバンスドセーフティーパッケージ

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る