「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・フォレスター スタイルモダン」
「スバル・フォレスター スタイルモダン」

富士重工業は2016年10月3日、SUV「スバル・フォレスター」に特別仕様車「スタイルモダン」を設定し、販売を開始した。

シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
 
「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車の画像

フォレスター スタイルモダンは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第6弾。「2.0i-L EyeSight」をベースに、内外装に特別装備が加えられている。

インテリアではシート表皮にブル―グリーンステッチを施した専用のウルトラスエードシートを採用。一方、エクステリアではサイドウィンドウ全周とサイドクラッディングにクロームモールを施した。また、「S-Limited」に標準装備されている18インチアルミホイール&タイヤを、メーカーオプションとして選択できる。価格は280万8000円。

上記を含む特別装備は以下の通り。
・専用ウルトラスエード/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ+専用タグ)
・専用ウルトラスエードドアトリム/合成皮革ドアトリムアームレスト(ブルーグリーンステッチ)
・専用インパネ加飾(クロスメッシュ+シルバー塗装)
・全周サイドウィンドウクロームモール
・サイドクラッディングクロームモール
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席パワーシート
以下はメーカーオプションとして選択可能。
・18インチアルミホイール
・パワーリアゲート
・シルバールーフレール
・アドバンスドセーフティーパッケージ

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る