「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・フォレスター スタイルモダン」
「スバル・フォレスター スタイルモダン」

富士重工業は2016年10月3日、SUV「スバル・フォレスター」に特別仕様車「スタイルモダン」を設定し、販売を開始した。

シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
 
「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車の画像

フォレスター スタイルモダンは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第6弾。「2.0i-L EyeSight」をベースに、内外装に特別装備が加えられている。

インテリアではシート表皮にブル―グリーンステッチを施した専用のウルトラスエードシートを採用。一方、エクステリアではサイドウィンドウ全周とサイドクラッディングにクロームモールを施した。また、「S-Limited」に標準装備されている18インチアルミホイール&タイヤを、メーカーオプションとして選択できる。価格は280万8000円。

上記を含む特別装備は以下の通り。
・専用ウルトラスエード/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ+専用タグ)
・専用ウルトラスエードドアトリム/合成皮革ドアトリムアームレスト(ブルーグリーンステッチ)
・専用インパネ加飾(クロスメッシュ+シルバー塗装)
・全周サイドウィンドウクロームモール
・サイドクラッディングクロームモール
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席パワーシート
以下はメーカーオプションとして選択可能。
・18インチアルミホイール
・パワーリアゲート
・シルバールーフレール
・アドバンスドセーフティーパッケージ

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る