安全装備が充実した「スバル・レヴォーグ」が登場

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition」
「スバル・レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition」

富士重工業は2016年10月3日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「1.6GT EyeSight Smart Edition」を発表した。同年12月12日に販売を開始する。

 
安全装備が充実した「スバル・レヴォーグ」が登場の画像
 
安全装備が充実した「スバル・レヴォーグ」が登場の画像

今回のレヴォーグ1.6GT EyeSight Smart Editionは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第4弾にあたる。

ベースとなったのは「1.6GT EyeSight」で、後側方警戒支援システムやサイドビューモニターなど安全装備をセットにした「アドバンスドセーフティーパッケージ」を標準装備としている。一方、エクステリアには専用17インチアルミホイールやブラックカラードドアミラーを採用したほか、上級グレードである「1.6GT-S EyeSight」と同デザインのLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを装備している。また、インテリアでは運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付きスポーツペダルが与えられる。

価格は290万5200円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る