【パリモーターショー2016】ドイツブランドからはEVコンセプトが続々!

2016.10.03 自動車ニュース
フォルクスワーゲンが発表したEVのコンセプトカー「I.D.」。
フォルクスワーゲンが発表したEVのコンセプトカー「I.D.」。

2016年のパリモーターショーに参加したドイツブランドからは、数多くの電気自動車(EV)コンセプトが発表された。しかも、ただのショーカーではなく、近い未来において、本気の販売を予感させるモデルが多いのも驚くべき点だ。後に振り返ってみれば、「ドイツ勢がEVにかじを切ったのは2016年のパリモーターショーだった」と呼ばれることになるかもしれない。

「フォルクスワーゲンI.D.」(写真=フォルクスワーゲン)
「フォルクスワーゲンI.D.」(写真=フォルクスワーゲン)
「フォルクスワーゲンI.D.」(写真=フォルクスワーゲン)
「フォルクスワーゲンI.D.」(写真=フォルクスワーゲン)
「アウディS5スポーツバック」
「アウディS5スポーツバック」
「アウディQ5」
「アウディQ5」
「アウディRS 3セダン」
「アウディRS 3セダン」
メルセデス・ベンツのEVコンセプトカー「ジェネレーションEQ」。
メルセデス・ベンツのEVコンセプトカー「ジェネレーションEQ」。
「スマート・フォーツーカブリオ エレクトリックドライブ」
「スマート・フォーツーカブリオ エレクトリックドライブ」

■VWはEVのコンセプトカー「I.D.」を発表

朝8時30分、ドイツブランドのトップバッターとしてプレスカンファレンスを行ったフォルクスワーゲン(VW)。そこで発表されたのがEVのコンセプトカーである「I.D.」だ。

プレスカンファレンスでは「われわれは2025年にはEVのリーダーとなり、100万台のEVを販売したい」という大きな目標が掲げられた。その達成のために2020年ごろに発売されるのが、このI.D.になるという。

ボディーは「ゴルフ」と同程度の寸法ながら、室内は「パサート」並みの広さ。航続距離は最大600kmで、ゴルフと同等の価格での販売を考えているという。具体的な数字に、VWの並々ならぬEVへの強い思いをうかがうことができる。

■3台の量産モデルを持ち込んだアウディ

一方、アウディは3台の市販モデルを持ち込んだ。「S5スポーツバック」と「Q5」、そして「RS 3セダン」だ。EV系のコンセプトがなかったのが特徴だ。

9月に新型となったばかりのS5スポーツバックは、ここパリがショーデビューとなる。エレガントな5ドアクーペに強力な354psの6気筒ターボエンジンが搭載される。また、S5の標準モデルである「A5スポーツバック」には天然ガスでも走行できる仕様「g-tron」が用意されるという。

それに対して、Q5は今回のパリがワールドプレミア(世界初公開)。大成功をおさめたプレミアムSUVは第2世代となり、2017年に発売されるという。生産はメキシコに建設された新工場で行われる。

3台目のRS 3セダンもここがワールドプレミアである。アウディスポーツの手によるハイパフォーマンスカーで、最高出力400psの2.5リッター5気筒エンジンを搭載する、「A3」シリーズの最強モデルとなる。もちろん駆動は4WDのクワトロ。プレスカンファレンスでは、レーシングカーの「RS 3 LMS」も登場してイベントを盛り上げた。

コンセプトカーはなくても、3台もの新しい量産モデルが公開され、アウディは大いに注目を集めた。

■2台のEVを発表したダイムラー

ダイムラーからは2台のEVが発表された。メルセデスブランドのコンセプトカー「ジェネレーションEQ」と、新型「スマート・エレクトリックドライブ」だ。

EQとは「エレクトリック・インテリジェント」を意味する新しいブランドであり、その概念は電動車両本体に限らず、サービスや技術、システムまでを幅広く含むという。その新ブランドの最初のモデルが、スマートなSUVクーペのルックスを持つジェネレーションEQというわけだ。

ジェネレーションEQは、フロントとリアにそれぞれモーターを備え、最大300kWの出力を誇り、航続距離は最長500kmまでを可能とする。実際の販売は、今後10年以内とアナウンスされた。コンセプトに終わらず、現実味を感じさせる年数ではなかろうか。

もうひとつのEVは、第2世代となったスマートのEVバージョンだ。最新のスマートをベースに、航続距離を最長160kmまでに延長された。ブースでは、「スマート・フォーツー」だけでなく、「スマート・フォーツーカブリオ」「スマート・フォーフォー」の3台のモデルが展示されていた。

「BMWコンセプトX2」
「BMWコンセプトX2」
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」

■BMWは新シリーズとなる「コンセプトX2」を発表

BMWが発表したのはEVではなく、まったく新しいモデルとなる「コンセプトX2」であった。BMWのXシリーズで欠番となっていた「2」の場所に、クーペルックのSUVが加わることとなり、その姿が公開されたのだ。Cセグメントというほどよいサイズ感は日本でも使いやすいはず。日本の路上を「X2」が駆けぬける日を楽しみに待とうではないか。

BMWグループからの、もうひとつのワールドプレミアは、「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」だ。最高出力231psの2リッター4気筒ターボエンジンを搭載。6段MTに四輪駆動の組みあわせで、0-100km/h加速は6.3秒の実力を持つ。実用性と速さの両方を持つ、快速クラブマンだ。

BMWのワールドプレミアはEVではなかった。しかしブースでは、「i3」や「i8」、電動スクーターの「Cエボリューション」が目立つ場所に展示されていた。BMWがEVに積極的であるのは、いまさら言うまでもないことだ。

結局、これまでEVに積極的だったBMWに加え、フォルクスワーゲンとメルセデス・ベンツもEVへ力を入れることになった。今回のパリモーターショーは、ドイツ勢がEVに傾倒する潮目の年に開催されたショーと言えるだろう。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • 青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場 2017.6.30 自動車ニュース マセラティ ジャパンが「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の特別仕様車「60th anniversary edition」を発売。マセラティ初の量販モデル「3500GT」のデビュー60周年を記念した限定モデルで、各モデル5台ずつが販売される。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る