日産、「リーフ」の累計20万台記念特別仕様車を発売

2016.10.04 自動車ニュース

「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)


	「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)

日産自動車は2016年10月3日、「日産リーフ」の世界累計販売20万台達成を記念し、同車に特別仕様車「thanks edition(サンクスエディション)」を設定。同日、販売を開始した。

特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。
特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。

今回のリーフ サンクスエディションは、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」「Xエアロスタイル」「G」「Gエアロスタイル」をベースに、機能・装備を充実させたモデルである。

各車の特別装備は以下の通り。

「X(30kWh)サンクスエディション」および「Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)
・17インチアルミホイール(※ Xエアロスタイルは、ベース車から標準装備)

「G(30kWh)サンクスエディション」および「Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・本革シート(※ Gエアロスタイルはモダンホワイトレザーシート)
・ヒーター付きドアミラー
・アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)
・BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー

それぞれ、以下の価格で販売される。

・X(30kWh)サンクスエディション:372万3840円
・Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:401万5440円
・G(30kWh)サンクスエディション:412万6680円
・Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:456万4080円

また今回、サンクスエディションを含むリーフ全車に「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」「スミオブルー」「シャイニーブロンズ」の3種類のボディーカラーを追加設定。カラーバリエーションは全12種類となった。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記