日産、「リーフ」の累計20万台記念特別仕様車を発売

2016.10.04 自動車ニュース

「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)


	「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)
	拡大

日産自動車は2016年10月3日、「日産リーフ」の世界累計販売20万台達成を記念し、同車に特別仕様車「thanks edition(サンクスエディション)」を設定。同日、販売を開始した。

特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。
特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。 拡大
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。 拡大
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。 拡大
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。 拡大

今回のリーフ サンクスエディションは、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」「Xエアロスタイル」「G」「Gエアロスタイル」をベースに、機能・装備を充実させたモデルである。

各車の特別装備は以下の通り。

「X(30kWh)サンクスエディション」および「Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)
・17インチアルミホイール(※ Xエアロスタイルは、ベース車から標準装備)

「G(30kWh)サンクスエディション」および「Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・本革シート(※ Gエアロスタイルはモダンホワイトレザーシート)
・ヒーター付きドアミラー
・アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)
・BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー

それぞれ、以下の価格で販売される。

・X(30kWh)サンクスエディション:372万3840円
・Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:401万5440円
・G(30kWh)サンクスエディション:412万6680円
・Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:456万4080円

また今回、サンクスエディションを含むリーフ全車に「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」「スミオブルー」「シャイニーブロンズ」の3種類のボディーカラーを追加設定。カラーバリエーションは全12種類となった。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • 「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車 2018.6.1 自動車ニュース 日産自動車は2018年6月1日、電気自動車「リーフ」に、国内累計販売台数が10万台を超えたことを記念した特別仕様車「X 10万台記念車」を設定し、販売を開始した。
  • 第492回:電気自動車ならではの強みを生かす
    新型「日産リーフ」の先進装備はここがスゴイ!
    2018.3.30 エディターから一言 「新型『リーフ』の開発秘話を話すので、本社に来てください」 そんな妙な(?)お招きをいただき、webCG取材陣は横浜市にある日産のグローバル本社へ。自動駐車機能とワンペダルドライブに関するうんちくを聞いてきました。
  • ステーションワゴン、はじめました
    これが「ホンダ・ジェイド」の進む道!?
    2018.5.23 デイリーコラム 2列シートの5人乗りタイプ追加に加えて、スポーティーグレードの商品力を強化して販売不振からの脱却を図る「ホンダ・ジェイド」。「ヒンジドアミニバン」市場の縮小という状況下で、ホンダがとった秘策とは!?
ホームへ戻る