「ダイハツ・コペン」に新たな着せ替えパーツ登場

2016.10.04 自動車ニュース
「ダイハツ・コペン ローブ」
「ダイハツ・コペン ローブ」

ダイハツ工業は2016年10月3日、軽オープンスポーツカー「コペン」の外装付け替えオプション「DRESSパーツ」について、「コペン セロ」用の新商品を発表。同日、販売を開始した。

今回発売されたパネル交換キット「DRESSパーツ」により、「コペン セロ」(写真)から「コペン ローブ」への着せ替えが可能に。
今回発売されたパネル交換キット「DRESSパーツ」により、「コペン セロ」(写真)から「コペン ローブ」への着せ替えが可能に。
「DRESSパーツ」フルセットのイメージ。
「DRESSパーツ」フルセットのイメージ。
こちらは「DRESSパーツ」のフロントセット。ヘッドランプ、ボンネット、フロントバンパー、フロントフェンダーが含まれる。
こちらは「DRESSパーツ」のフロントセット。ヘッドランプ、ボンネット、フロントバンパー、フロントフェンダーが含まれる。
同時に、「コペン エクスプレイ」用のDRESSパーツ「『コペンアドベンチャー』ボディーキット」も発売された。画像は、コペンアドベンチャーのイメージ。
同時に、「コペン エクスプレイ」用のDRESSパーツ「『コペンアドベンチャー』ボディーキット」も発売された。画像は、コペンアドベンチャーのイメージ。

2014年6月の「コペン ローブ」発売を皮切りに、「コペン エクスプレイ」(2014年11月)、「コペン セロ」(2015年6月)とラインナップを拡大してきたダイハツ・コペン。
各車、ドアパネルとリトラクタブルルーフを除く、ほぼすべてのボディーパネルが脱着可能で、“着せ替え”によりドレスアップを楽しめる点が特徴となっている。

今回発売されたのは、コペン セロからコペン ローブへのパネル交換が可能なDRESSパーツ。交換可能なすべてのパネルをセットにした「フルセット」のほか、フロントまわりのパーツのみ含めた「フロントセット」、リアパーツのみとした「リアセット」の3つが用意される。
各セットの内容と価格は、以下の通り。

・フルセット(37万4760円):ヘッドランプ(左右)、リアコンビランプ(左右)、ボンネットフード、トランクフード、フロント/リアバンパー、フロント/リアフェンダー(左右)
・フロントセット(20万6280円):ヘッドランプ(左右)、ボンネットフード、フロントバンパー、フロントフェンダー(左右)
・リアセット(20万6280円):リアコンビランプ(左右)、トランクフード、リアバンパー、リアフェンダー(左右)

同時に、DRESSパーツの特別色として、コペン セロ専用色の「ブリティッシュグリーンマイカ」も設定。これまでコペン ローブで選べなかったボディーカラーをDRESSパーツのみで選択可能とした。

さらに、コペン エクスプレイ用のDRESSパーツ「『コペンアドベンチャー』ボディーキット」も発売された。これは、コペン セロの発売と同時に実施された「コペン ドレスフォーメーション デザインアワード」において最優秀賞を獲得したコペンアドベンチャーのボディーパネルを商品化したもの。受注生産にて販売される。価格は27万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。