個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売

2016.10.04 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス」
「シトロエンC4カクタス」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定で、価格は238万円から。

ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。
ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。
 
個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売の画像

C4カクタスの最大の特徴は、そのデザインにある。外部からの衝撃を吸収するボディーサイドの「エアバンプ」と呼ばれるポリウレタンや、個性的なフロントマスクが独自の存在感を放っている。欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。日本でも東京モーターショー2015で公開された。

1.2リッター直列3気筒エンジンは82psと12.0kgmを発生し、5段ATが組み合わされる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4155×1735×1530mmで、ホイールベースは2595mm。車両重量は1070kgに抑えられた。また、タイヤサイズは205/50 R17が採用されている。

ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」など全5種類から選択できる。シート表皮の違いで価格は2種類あり、ファブリックが238万円、ベロアが241万円となる。

(webCG)

関連キーワード:
C4カクタスシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記