個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売

2016.10.04 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス」
「シトロエンC4カクタス」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定で、価格は238万円から。

ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。
ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。 拡大
 
個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売の画像 拡大

C4カクタスの最大の特徴は、そのデザインにある。外部からの衝撃を吸収するボディーサイドの「エアバンプ」と呼ばれるポリウレタンや、個性的なフロントマスクが独自の存在感を放っている。欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。日本でも東京モーターショー2015で公開された。

1.2リッター直列3気筒エンジンは82psと12.0kgmを発生し、5段ATが組み合わされる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4155×1735×1530mmで、ホイールベースは2595mm。車両重量は1070kgに抑えられた。また、タイヤサイズは205/50 R17が採用されている。

ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」など全5種類から選択できる。シート表皮の違いで価格は2種類あり、ファブリックが238万円、ベロアが241万円となる。

(webCG)

関連キーワード:
C4カクタスシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • ジュネーブモーターショー2018(その20) 2018.3.11 画像・写真 シトロエンは「C4カクタス」のマイナーチェンジモデルを公開。サスペンションにプログレッシブ・ハイドロリック・クッション(PHC)が採用された。新型「ベルランゴ」と併せて、その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る