STIチューンの「スバルWRX S4」期間限定で発売

2016.10.04 自動車ニュース
「スバルWRX S4 tS」
「スバルWRX S4 tS」

富士重工業のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2016年10月4日、特別仕様車「スバルWRX S4 tS」を発表し、販売を開始した。2017年3月12日までの期間限定販売となるが、台数の制限はない。価格は496万8000円から。

「WRX S4 tS」のバックショット


	「WRX S4 tS」のバックショット
「WRX S4 tS NBRチャレンジパッケージ」
「WRX S4 tS NBRチャレンジパッケージ」
CVTオイルクーラー&ラジエーターファン強化タイプ
CVTオイルクーラー&ラジエーターファン強化タイプ
ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ
ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ
STI製ビルシュタイン フロントストラット(ダンプマチックII、倒立式)&コイルスプリング
STI製ビルシュタイン フロントストラット(ダンプマチックII、倒立式)&コイルスプリング
STI製ビルシュタイン リアダンパー&コイルスプリング
STI製ビルシュタイン リアダンパー&コイルスプリング
STI製低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリア
STI製低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリア
NBRチャレンジパッケージ専用装備のSTI製ドライカーボンスポイラー(STIロゴ入り)
NBRチャレンジパッケージ専用装備のSTI製ドライカーボンスポイラー(STIロゴ入り)
STI製本革巻きシフトレバー(STIロゴ入り)+ピアノブラック調加飾パネル

<!--
$(document).ready(function () {
	// piroBox
	$().piroBox({
		my_speed: 300,
		bg_alpha: 0.5,
		radius: 4,
		scrollImage : false,
		slideShow : 'true',
		slideSpeed : 3,
		pirobox_next : 'piro_next',
		pirobox_prev : 'piro_prev',
		close_all : '.piro_close'
	});
	//high
	$('.thumbHigh > a > img').hover(
		function(){ this.src = '/images/btn_high_b.gif'; },
		function(){ this.src = '/images/btn_high_a.gif'; }
	);
	//low
	$('.thumbLow > a > img').hover(
		function(){ this.src = '/images/btn_low_b.gif'; },
		function(){ this.src = '/images/btn_low_a.gif'; }
	);
});
// -->
STI製本革巻きシフトレバー(STIロゴ入り)+ピアノブラック調加飾パネル

今回のWRX S4 tSはスポーツセダン「WRX S4」をベースとしたSTIのコンプリートカー。STIのコンプリートカーのトップモデルである「S207」の走りのテクノロジーと、「EyeSight(ver.3)」や「アドバンスドセーフティーパッケージ」などスバルの先進安全機能を搭載し、「究極のアスリートモデル」を目指して開発された。

パワーユニットは、通気抵抗を低減した吸排気系を採用することで、加速中の過渡エンジントルクが最大で約10%向上(STI測定値)。また、オイルクーラーを追加するなど「スポーツリニアトロニック(CVT)」のクーリング性能も強化された。足まわりはS207にも採用した可変減衰力サスペンション「ダンプマチックII」を装備したことで、快適な乗り心地と操縦安定性の両立が図られている。そのほか、フロントのブレンボ製対向4ポットブレーキや、さまざまなSTI製パーツが採用されている。

エクステリアはSTI製BBS19インチ鍛造アルミホイール(シルバー)をはじめ、メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIオーナメント付き)、大型フロントアンダースポイラーなどを専用装備してドレスアップ。一方、インテリアは、セミアニリンレザーを使用したSTI製レカロバケットタイプフロントシートやSTIロゴ入りルミネセントメーターをはじめとした専用装備を用意し、上質感と機能性を融合させたとアピールされる。

また今回、WRX STIが参戦を続けるニュルブルクリンク24時間レースにおいて、2015年、2016年とスバルがクラス優勝したことを記念した「NBRチャレンジパッケージ」も設定された。

主な特別装備は、以下の通り。
【足まわり/メカニズム】
・STI製低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリア
・STI製低圧損エアクリーナーエレメント
・CVTオイルクーラー&ラジエーターファン強化タイプ
・STI製ビルシュタイン フロントストラット(ダンプマチックII、倒立式)&コイルスプリング
・STI製ビルシュタイン リアダンパー&コイルスプリング
・STI製255/35R19 92Yタイヤ(ダンロップSPORT MAXX RT、特殊吸音スポンジ付き)
・ブレンボ製17インチ対向4ポット フロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
・STI製フレキシブルタワーバー(フロント)
・STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント)
・STI製ピロポールブッシュリアサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリア内側)
・STI製フレキシブルサポートサブフレームリア

【エクステリア】
・STI製BBS19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(シルバー)
・メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIオーナメント付き)
・大型フロントアンダースポイラー
・ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
・STIエンブレム付きサイドガーニッシュ
・リアバンパー(チェリーレッドストライプ)

【インテリア/その他】
・ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付き、STIロゴ入り)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革、メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ)
・STI製本革巻きシフトレバー(STIロゴ入り)+ピアノブラック調加飾パネル
・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・STI製レカロバケットタイプフロントシート<本革(メイン:ブラックセミアニリン、サイド内側:ブラック)、シルバーステッチ+シルバーアクセント、シートヒーター付き、STIロゴ型押し、SRSサイドエアバッグ>
・リアシート<本革(ブラック)、シルバーステッチ+シルバーアクセント>
・インパネ加飾パネル(レッド)&オーナメント(tS LIMITED EDITION)
・サイドシルプレート(STIロゴ入り)

【NBRチャレンジパッケージ専用装備】
・STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)
・STI製ドライカーボンリアスポイラー(STIロゴ入り)
・NBRチャレンジパッケージ専用エンブレム(リア)
・ウルトラスエード巻きステアリングホイール(メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ、シルバーセンターマーク付き)

価格はWRX S4 tSが496万8000円、WRX S4 tS NBRチャレンジパッケージが529万2000円。

(webCG)

 

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・レガシィB4(4WD/CVT)/レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2014.11.13 試乗記 商品ラインナップから見直された、6代目の「スバル・レガシィ」。その仕上がりは……? セダン「B4」とクロスオーバー「アウトバック」の2モデルで確かめた。
ホームへ戻る