アストンの高級小型車「シグネット」は475万円

2011.10.25 自動車ニュース
「アストン・マーティン シグネット」。写真は特別仕様車「ローンチエディション ブラック」。
アストンの高級小型車「シグネット」は475万円

アストンの高級小型車「シグネット」は475万円

英アストン・マーティンは2011年10月24日、高級コンパクトカー「シグネット」の日本における販売概要を発表、同日から同社のディーラーネットワークを通じて予約受付を開始した。価格は475万円から。最初の納車は2012年の第1四半期を予定している。

「アストン・マーティン シグネット ローンチエディション ホワイト」のフロントまわり。
「アストン・マーティン シグネット ローンチエディション ホワイト」のフロントまわり。
インテリアの様子。写真は「ローンチエディション ホワイト」のもの。
インテリアの様子。写真は「ローンチエディション ホワイト」のもの。
こちらは、「ローンチエディション ブラック」のインテリア。
こちらは、「ローンチエディション ブラック」のインテリア。

「シグネット」は「トヨタiQ」がベースのコンパクトカーだが、注文生産のかたちを取り、他のアストン・マーティンと同様に豪華な作りが施されるのが特徴。素材や色の選択肢が幅広く、顧客のカスタマイズの要望に対して高いレベルでの対応が可能という。欧州ではすでに2011年の半ばから販売されている。

今回の日本発売に際し、「ローンチエディション」と呼ばれる特別仕様車が2種類用意される予定だ。「ローンチエディション ホワイト」は白を基調にまとめられた仕様で、外装はスノーホワイトに塗られ、室内にはパールホワイトのレザーとダークカラーのアルカンターラを組み合わせたシートが装着される。それに対して「ローンチエディション ブラック」は、外装がマジックブラックと呼ばれる専用カラーの黒で塗られ、ダッシュボードとシートも黒いレザー仕上げとなる。

また、この2モデルにはメンズバッグブランド「ビル・アンバーグ」のラゲッジセットが付属する。黒いレザーに“テクニカルファブリック”という現代的な生地を組み合わせて作られており、グローブボックスバッグ、ドアポケットバッグ、トラベルバッグ、ガーメントバッグ、トートバッグの5点で構成される。この2種類の特別仕様車は、日本と香港合わせて50台だけ販売される予定という。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.14 試乗記 アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)
    ……544万7050円

    「iQ」ベースのマイクロ・アストン、「シグネット」が日本に上陸。小さな小さな高級車の乗り味は?
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
ホームへ戻る