第470回:大矢アキオのパリモーターショー2016(前編)
出展ブランド減っても元気! パリならではの名物スタンド

2016.10.07 エッセイ

6年間で70ブランド減

パリモーターショー2016には、19の国と地域から大小含めて230ブランドが参加。世界初公開、欧州初公開そしてフランス国内初公開は合わせて140点というスペックで開催された。

参考までに、前回の2014年は260ブランド。さらにさかのぼると、6年前の2010年は300ブランド以上が出展していた。

今回はランボルギーニ、ベントレー、ブガッティといった超高級ブランドが相次いで“欠席”した。あるスーパーカーブランドの幹部が欧州メディアに話したところでは、「それは資金的な問題だ」という。同時に彼らが、ターゲットとする顧客がより多く集まるコンクールなどのイベントに出展の場を絞り始めたのは、明らかである。

賢かったのはアストンマーティンだ。特別展『映画とクルマ』のパビリオンにボンドカーの車両を、ブリヂストンのブースに新型車「DB11」を提供した。自社ブースを持つ必要がなく、取引先も喜び、かつファンもそれなりに満足する、うまい手法である。模倣するブランドが続きそうだ。

欠席はハイエンドなブランドに限らない。ボルボは2014年に発表した「国際ショー出展集約化計画」にのっとって、今回パリでの出展を見送った。

だが最も象徴的な欠席者はフォードであろう。筆者の記憶によれば、かつては解雇に反対するボルドーの変速機工場の従業員たちが会場に乱入したり、最寄りの地下鉄駅にステッカーを貼ったりしたものだ。だが、そうした話も「今は昔」になった。
パリ西部ポワシーの工場でフォードが生産されていたことを考えると、彼らの不在は時代を象徴している。

パビリオンの中には、当初そうしたブランドが展示するはずだったと思われる広大なレッドカーペットの“空き地”がいくつかみられた。一方で、主要モーターショーの中で最も貧弱だったプレスセンターが、従来のプレハブ小屋から、空きパビリオンを用いた広大な施設に変わったのは、なんとも皮肉なことである。

2016年9月29日、プレスデー初日のひとこま。ルノーのコンセプトカー「トレゾア」とカルロス・ゴーンCEO。
2016年9月29日、プレスデー初日のひとこま。ルノーのコンセプトカー「トレゾア」とカルロス・ゴーンCEO。
ゴーン氏はルノーの後、日産ブースでもスピーチ。史上初の“フランス製日産車”となる新型「マイクラ」を紹介した。
ゴーン氏はルノーの後、日産ブースでもスピーチ。史上初の“フランス製日産車”となる新型「マイクラ」を紹介した。
プレスデー2日目(2016年9月30日)の午前、会場を訪問したマニュエル・ヴァルス仏首相(左から2人目)。パーツサプライヤー「ファウレシア」のブースで。
プレスデー2日目(2016年9月30日)の午前、会場を訪問したマニュエル・ヴァルス仏首相(左から2人目)。パーツサプライヤー「ファウレシア」のブースで。
往年の警察車両を展示する「警察保存友の会」のメンバー(後述)。彼らは知る人ぞ知る人気者で、あのミシュランのブースにも写真が掲示されていた。
往年の警察車両を展示する「警察保存友の会」のメンバー(後述)。彼らは知る人ぞ知る人気者で、あのミシュランのブースにも写真が掲示されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。