マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入

2011.10.25 自動車ニュース

マツダ、日本に新型SUV「CX-5」のディーゼル車を投入

マツダは2011年10月25日、来春日本で発売予定の新型SUV「CX-5」について、クリーンディーゼルモデルをラインナップすると発表した。

「CX-5」は、今年9月のフランクフルトモーターショーでお披露目された、マツダの新型SUV。2012年初頭にはグローバルに発売される見通しだ。

パワーユニットは、大きく分けて直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」とディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の2種類。日本市場ではガソリン車が主流だが、このたび後者のディーゼル車も発売されることが明らかになった。

この「SKYACTIV-D 2.2」は、42.8kgm/2000rpmの豊かなトルクと、JC08モードで18.6km/リッター走れる燃費が自慢。ディーゼル車用に新開発されたアイドリングストップシステム(i-stop)も備わる。世界最速の0.40秒以内での再始動を実現したという。
他車が採用しているリーンNOx触媒や尿素SCRシステムを使わずに、日本の「ポスト新長期」や欧州の「Euro6」といった最も厳しい排ガス規制をクリアできる点も、技術的なアドバンテージとされている。

マツダによれば、「CX-5から日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入する」とのこと。したがって、クリーンディーゼルモデルのさらなるラインナップ拡大も予想される。

(webCG 関)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」

マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入の画像
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 【LAショー2016】マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 2016.10.28 自動車ニュース マツダは2016年10月28日、ロサンゼルスオートショー(2016年11月14日~27日)で、新型「CX-5」を世界初公開すると発表した。同社のデザインコンセプト「魂動(こどう)」をより高い次元に昇華させることに挑戦したという。
ホームへ戻る