マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入

2011.10.25 自動車ニュース

マツダ、日本に新型SUV「CX-5」のディーゼル車を投入

マツダは2011年10月25日、来春日本で発売予定の新型SUV「CX-5」について、クリーンディーゼルモデルをラインナップすると発表した。

「CX-5」は、今年9月のフランクフルトモーターショーでお披露目された、マツダの新型SUV。2012年初頭にはグローバルに発売される見通しだ。

パワーユニットは、大きく分けて直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」とディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の2種類。日本市場ではガソリン車が主流だが、このたび後者のディーゼル車も発売されることが明らかになった。

この「SKYACTIV-D 2.2」は、42.8kgm/2000rpmの豊かなトルクと、JC08モードで18.6km/リッター走れる燃費が自慢。ディーゼル車用に新開発されたアイドリングストップシステム(i-stop)も備わる。世界最速の0.40秒以内での再始動を実現したという。
他車が採用しているリーンNOx触媒や尿素SCRシステムを使わずに、日本の「ポスト新長期」や欧州の「Euro6」といった最も厳しい排ガス規制をクリアできる点も、技術的なアドバンテージとされている。

マツダによれば、「CX-5から日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入する」とのこと。したがって、クリーンディーゼルモデルのさらなるラインナップ拡大も予想される。

(webCG 関)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」

マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入の画像
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る