マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入

2011.10.25 自動車ニュース

マツダ、日本に新型SUV「CX-5」のディーゼル車を投入

マツダは2011年10月25日、来春日本で発売予定の新型SUV「CX-5」について、クリーンディーゼルモデルをラインナップすると発表した。

「CX-5」は、今年9月のフランクフルトモーターショーでお披露目された、マツダの新型SUV。2012年初頭にはグローバルに発売される見通しだ。

パワーユニットは、大きく分けて直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」とディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の2種類。日本市場ではガソリン車が主流だが、このたび後者のディーゼル車も発売されることが明らかになった。

この「SKYACTIV-D 2.2」は、42.8kgm/2000rpmの豊かなトルクと、JC08モードで18.6km/リッター走れる燃費が自慢。ディーゼル車用に新開発されたアイドリングストップシステム(i-stop)も備わる。世界最速の0.40秒以内での再始動を実現したという。
他車が採用しているリーンNOx触媒や尿素SCRシステムを使わずに、日本の「ポスト新長期」や欧州の「Euro6」といった最も厳しい排ガス規制をクリアできる点も、技術的なアドバンテージとされている。

マツダによれば、「CX-5から日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入する」とのこと。したがって、クリーンディーゼルモデルのさらなるラインナップ拡大も予想される。

(webCG 関)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」

マツダ、ディーゼル版「CX-5」を日本に投入の画像
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。
マツダの次世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.2.23 試乗記 新型「マツダCX-5」のキーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。マツダが持つ技術のすべてを投じて、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたという自信作だ。「XD」と「25S」に試乗し、その完成度を確かめた。
ホームへ戻る