273psを誇る「ルノー・メガーヌR.S. 273」登場

2016.10.05 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273」
「ルノー・メガーヌR.S. 273」

ルノー・ジャポンは2016年10月5日、高性能スポーツクーペ「メガーヌルノースポール(R.S.)273」を発表。同日、販売を開始した。

 
273psを誇る「ルノー・メガーヌR.S. 273」登場の画像

今回のメガーヌR.S. 273は、2014年5月にニュルブルクリンクサーキットで当時のFF市販車最速タイムを塗り替えた「メガーヌR.S.トロフィーR」と同じエンジンを搭載したモデル。273psと36.7kgmを発生するこのエンジンは、従来のメガーヌR.S.からわずか8psの上乗せにとどまるが、トルク特性を改善したことで、コーナーの脱出速度が大幅に高くなったという。装備面では、レカロ製バケットシートや、ブレンボ製モノブロック4ポットフロントキャリパーなども与えられている。

6段MT、右ハンドル仕様のみの設定で、価格は399万円。

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る