【パリモーターショー2016】新型「ディスカバリー」がデビュー

2016.10.05 自動車ニュース
新型「ディスカバリー」がランドローバーブースの主役を務めた。
新型「ディスカバリー」がランドローバーブースの主役を務めた。

英国ブランドのトピックは、第5世代となる新型「ディスカバリー」がお披露目されたこと。最新のジャガー・ランドローバーのモデルらしく、非常に流麗なルックスを得たのが印象的だ。

従来通り、3列7座のシートレイアウトをとる。
従来通り、3列7座のシートレイアウトをとる。
プレスカンファレンスでは、ランドローバーのジェリー・マクガバン氏が登壇した。
プレスカンファレンスでは、ランドローバーのジェリー・マクガバン氏が登壇した。

■優れた走破性能を継承

ランドローバーの伝統的なオフローダーであるディスカバリー。3列シートの7人乗車という実用性の高さは従来通り。また、開発には20カ国で、100万マイル以上の走行テストを実施しており、伝統の優れた走破性能が備わっているという。

そうした伝統を踏まえつつも、ルックスは大幅に変化した。最新のジャガー・ランドローバーのモデルらしく、非常に流麗なものとなったのだ。同社のチーフデザインオフィサーであるジェリー・マクガバン氏は、「美しいデザインと信頼性の高い足まわりを兼ね備えており、この新型モデルは、ディスカバリーファミリーの新たなスタンダードを築くことでしょう」と説明する。

ちなみに正式な発表は、パリモーターショーの前日である9月27日。パリではなく英国ウォリックシャーにて行われた。パリでワールドプレミアムとしないというのが、英国らしいというかなんというか……。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る