【パリモーターショー2016】新型「ディスカバリー」がデビュー

2016.10.05 自動車ニュース
新型「ディスカバリー」がランドローバーブースの主役を務めた。

英国ブランドのトピックは、第5世代となる新型「ディスカバリー」がお披露目されたこと。最新のジャガー・ランドローバーのモデルらしく、非常に流麗なルックスを得たのが印象的だ。

従来通り、3列7座のシートレイアウトをとる。
プレスカンファレンスでは、ランドローバーのジェリー・マクガバン氏が登壇した。

■優れた走破性能を継承

ランドローバーの伝統的なオフローダーであるディスカバリー。3列シートの7人乗車という実用性の高さは従来通り。また、開発には20カ国で、100万マイル以上の走行テストを実施しており、伝統の優れた走破性能が備わっているという。

そうした伝統を踏まえつつも、ルックスは大幅に変化した。最新のジャガー・ランドローバーのモデルらしく、非常に流麗なものとなったのだ。同社のチーフデザインオフィサーであるジェリー・マクガバン氏は、「美しいデザインと信頼性の高い足まわりを兼ね備えており、この新型モデルは、ディスカバリーファミリーの新たなスタンダードを築くことでしょう」と説明する。

ちなみに正式な発表は、パリモーターショーの前日である9月27日。パリではなく英国ウォリックシャーにて行われた。パリでワールドプレミアムとしないというのが、英国らしいというかなんというか……。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る