左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売

2016.10.05 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」

ルノー・ジャポンは2016年10月5日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273トロフィーS」を発表し、販売を開始した。左ハンドル仕様のみが設定される。50台限定で、価格は456万円。

アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。
アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。
 
左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売の画像

今回のメガーヌR.S. 273トロフィーSは、2014年5月にドイツのニュルブルクリンクサーキットで、当時のFF市販車最速タイムを塗り替えた「メガーヌR.S. トロフィーR」と同じエンジンを搭載。最高出力は273ps、最大トルク36.7kgmを発生する。また、オーリンズ製ダンパーや、アクラポヴィッチ製チタンマフラーなど、スポーツ走行に寄与する多くの特別装備が与えられている。

主な特別装備は以下の通り。
・左ハンドル仕様(アルカンターラステアリング、サイドブレーキハンドル、シフトブーツ)
・カーボンエンド付きアクラポヴィッチ製チタンマフラー
・オーリンズ製調整式ダンパー
・スピードライン製19インチブラックアロイホイール“Turini”
・F1タイプエアインテークブレード(ブラック/“TROPHY”ロゴ入り)
・レザー&アルカンターラコンビレカロシート
・専用デカール(シルバー/“TROPHY”ロゴ入り)

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • 「ホンダ・シビック」が日本市場にカムバック 2017.7.27 自動車ニュース ホンダが新型「シビック」を9月に発売すると発表した。10代目となる新型では、新開発のプラットフォームを通して「走る楽しさ・操る喜び」を徹底的に追及。ラインナップには「セダン」「ハッチバック」に加え、高性能モデル「タイプR」も用意されている。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
ホームへ戻る