シンプル・モダンな「BMW 1シリーズ」の特別限定車発売

2016.10.06 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ セレブレーションエディション マイスタイル」
「BMW 1シリーズ セレブレーションエディション マイスタイル」

BMWジャパンは2016年10月5日、「BMW 1シリーズ」に特別仕様車「1シリーズCelebration Edition“MyStyle”(セレブレーションエディション マイスタイル)」を設定し、同年10月15日から販売すると発表した。400台限定で価格は373万円。

内装はブラックを基調にクロームのアクセントが施されている。
内装はブラックを基調にクロームのアクセントが施されている。
リアビューカメラを含む「パーキングサポートパッケージ」が標準装備となる。
リアビューカメラを含む「パーキングサポートパッケージ」が標準装備となる。
ボディーカラーは「アルピンホワイト」のみが設定される。
ボディーカラーは「アルピンホワイト」のみが設定される。

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年を記念した限定モデルの第10弾であり、136psと22.4kgmを発生する1.5リッター直列3気筒エンジンを搭載した「BMW 118i」をベースに仕立てられた。ホワイトの外装とブラックの内装を組み合わせ、クロームのアクセントを施した「シンプル・モダン」なスタイルと、歩行者検知機能付きの緊急自動ブレーキや車線逸脱警告システムなど先進安全装備の採用が特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。
・ボディーカラー「アルピンホワイト」
・クローム仕上げキドニーグリル(マットオキサイドシルバー仕上げワイドバー)
・クロームラインエクステリア(サイドウィンドウフレームモールディング)
・17インチ タービンスタイリング381アロイホイール(専用装備)
(7Jx17ホイール+205/50R17ランフラットタイヤ)
・スポーツレザーステアリングホイール
・Sensatecブラックレザーシート(専用装備)
・フロントシートヒーティング
・ハイグロスブラックインテリアトリム/マットオキサイドシルバーハイライト(専用装備)
・「MyStyle」専用インテリアバッジ(シリアル番号入り)
・プラスパッケージ(ITSスポット対応DSRC車載器[ルームミラー内蔵、ETC 機能付き]+LEDヘッドライト[LEDハイ/ロービーム、LEDフロントターンインジケータ、LEDスモールライトリング・光軸自動調整機構付き]+フロントフォグランプ)
・ドライビングアシストパッケージ(レーンディパーチャーウォーニング<車線逸脱警告システム>+前車接近警告機能+衝突回避・被害軽減ブレーキ+クルーズコントロール[ブレーキ機能付き])
・パーキングサポートパッケージ(リアビューカメラ[予測進路表示機能付き]+PDC/パークディスタンスコントロール[リア、ビジュアル表示機能付き])

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】NEW 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る