シンプル・モダンな「BMW 1シリーズ」の特別限定車発売

2016.10.06 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ セレブレーションエディション マイスタイル」
「BMW 1シリーズ セレブレーションエディション マイスタイル」

BMWジャパンは2016年10月5日、「BMW 1シリーズ」に特別仕様車「1シリーズCelebration Edition“MyStyle”(セレブレーションエディション マイスタイル)」を設定し、同年10月15日から販売すると発表した。400台限定で価格は373万円。

内装はブラックを基調にクロームのアクセントが施されている。
内装はブラックを基調にクロームのアクセントが施されている。
リアビューカメラを含む「パーキングサポートパッケージ」が標準装備となる。
リアビューカメラを含む「パーキングサポートパッケージ」が標準装備となる。
ボディーカラーは「アルピンホワイト」のみが設定される。
ボディーカラーは「アルピンホワイト」のみが設定される。

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年を記念した限定モデルの第10弾であり、136psと22.4kgmを発生する1.5リッター直列3気筒エンジンを搭載した「BMW 118i」をベースに仕立てられた。ホワイトの外装とブラックの内装を組み合わせ、クロームのアクセントを施した「シンプル・モダン」なスタイルと、歩行者検知機能付きの緊急自動ブレーキや車線逸脱警告システムなど先進安全装備の採用が特徴となっている。

主な特別装備は以下の通り。
・ボディーカラー「アルピンホワイト」
・クローム仕上げキドニーグリル(マットオキサイドシルバー仕上げワイドバー)
・クロームラインエクステリア(サイドウィンドウフレームモールディング)
・17インチ タービンスタイリング381アロイホイール(専用装備)
(7Jx17ホイール+205/50R17ランフラットタイヤ)
・スポーツレザーステアリングホイール
・Sensatecブラックレザーシート(専用装備)
・フロントシートヒーティング
・ハイグロスブラックインテリアトリム/マットオキサイドシルバーハイライト(専用装備)
・「MyStyle」専用インテリアバッジ(シリアル番号入り)
・プラスパッケージ(ITSスポット対応DSRC車載器[ルームミラー内蔵、ETC 機能付き]+LEDヘッドライト[LEDハイ/ロービーム、LEDフロントターンインジケータ、LEDスモールライトリング・光軸自動調整機構付き]+フロントフォグランプ)
・ドライビングアシストパッケージ(レーンディパーチャーウォーニング<車線逸脱警告システム>+前車接近警告機能+衝突回避・被害軽減ブレーキ+クルーズコントロール[ブレーキ機能付き])
・パーキングサポートパッケージ(リアビューカメラ[予測進路表示機能付き]+PDC/パークディスタンスコントロール[リア、ビジュアル表示機能付き])

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る