第132回:肉体派俳優が殴る、撃つ、爆走する!
『ジェイソン・ボーン』

2016.10.06 エッセイ

9年ぶりに帰ってきた男

ギリシャとマケドニアの国境近く、荒涼とした広場に屈強な男たちが群れ集っている。金を賭けて闘っているらしい。アンダーグラウンドの野良ボクシングで、リングもなければグローブもつけない。負ければ命を失うかもしれない真剣勝負だ。ふいに闘いが始まり、大男が一瞬にして倒される。勝った男はうれしそうなそぶりも見せず、目には暗い光が宿っている。ジェイソン・ボーンが帰ってきたのだ。

シリーズ第1作の『ボーン・アイデンティティ』が公開されたのは2002年。負傷して漁船に助けられた記憶喪失の男が、わずかな手がかりから自分の置かれた状況を探ろうとする。本物の自分探しの旅だ。傷心の女子が京都の寺めぐりをしていやされていくのとはわけが違う。CIAから送り込まれた刺客と戦わなければならず、旅情を感じている余裕はない。2004年の『ボーン・スプレマシー』、2007年の『ボーン・アルティメイタム』と続いてシリーズは一区切りついていたのだが、9年ぶりに新しい物語が始まった。

いやいや、この連載でも紹介した2012年の『ボーン・レガシー』があったではないか。確かに公開当時は“ボーン・シリーズ第4作”とされていたが、今回のプレス資料では一切触れられていない。『レガシー』の主人公はジェレミー・レナーが演じるアーロン・クロスという新キャラで、ボーンは写真が出てくるだけだ。いろいろあって監督のポール・グリーングラスが降板し、ボーン役のマット・デイモンも出演を取りやめた。結果、世界観は同じでも外伝のような作品になっている。

(C) Universal Pictures
(C) Universal Pictures
 
第132回:肉体派俳優が殴る、撃つ、爆走する! 『ジェイソン・ボーン』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。