「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)

2016.10.06 mobileCG

谷口信輝の新車試乗――ポルシェ718ボクスター(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ポルシェ718ボクスター」である。自然吸気のフラット6からフラット4ターボにエンジンを改めたミドシップポルシェを谷口はどう評価するのだろうか?

■2リッターにしてはよく走る!

「718」は、ポルシェにとって栄光のモデル名だ。「550スパイダー」の後継車種として1950年代終盤にデビューした718は4気筒水平対向エンジンを搭載する最上位モデルで、この名を冠したモデルが1958年ルマン24時間、1959~1960年のタルガフローリオ、1960年セブリング12時間といった国際的イベントでいくつもの勝利を獲得。この結果、シュトゥットガルトのスポーツカーメーカーにとって718は「記念すべき数字」となったのである。

この重要なモデル名を現代によみがえらせたのが718ボクスターであり「718ケイマン」だ。では、なぜポルシェはこの栄光に満ちた数字を最新モデルに与えることにしたのか? それは何よりも、従来の6気筒自然吸気から4気筒ターボにエンジンを積み替えたから、といえる。つまり、水平対向4気筒エンジンをミドシップするという共通点があればこそ、半世紀もの時を超えて718の名称を復活させたのである。

「オオタニさん、どうでもいいけど前置きが長いよ」
あれ、谷口信輝はあまりウンチクに興味がないらしい。

「それより、せっかく今日も天気がいいんだから、早くこの718ボクスターで箱根のワインディングロードを走りましょうよ」
まったくもって、谷口の言うとおり。では、彼が操る718ボクスターでドライブに出掛けることにしよう。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
718ボクスターポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • BMW C400X(MR/CVT)【レビュー】 2018.7.7 試乗記 BMWがスーパースポーツやアドベンチャーモデルの知見を投入して開発した「C400X」。アーバンモビリティー市場への参入をもくろむドイツの雄の切り札は、350ccクラスの“スクーター”でありながら、走る楽しさに満ちた一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る