「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)

2016.10.06 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)の画像

谷口信輝の新車試乗――ポルシェ718ボクスター(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ポルシェ718ボクスター」である。自然吸気のフラット6からフラット4ターボにエンジンを改めたミドシップポルシェを谷口はどう評価するのだろうか?

 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編)の画像

■2リッターにしてはよく走る!

「718」は、ポルシェにとって栄光のモデル名だ。「550スパイダー」の後継車種として1950年代終盤にデビューした718は4気筒水平対向エンジンを搭載する最上位モデルで、この名を冠したモデルが1958年ルマン24時間、1959~1960年のタルガフローリオ、1960年セブリング12時間といった国際的イベントでいくつもの勝利を獲得。この結果、シュトゥットガルトのスポーツカーメーカーにとって718は「記念すべき数字」となったのである。

この重要なモデル名を現代によみがえらせたのが718ボクスターであり「718ケイマン」だ。では、なぜポルシェはこの栄光に満ちた数字を最新モデルに与えることにしたのか? それは何よりも、従来の6気筒自然吸気から4気筒ターボにエンジンを積み替えたから、といえる。つまり、水平対向4気筒エンジンをミドシップするという共通点があればこそ、半世紀もの時を超えて718の名称を復活させたのである。

「オオタニさん、どうでもいいけど前置きが長いよ」
あれ、谷口信輝はあまりウンチクに興味がないらしい。

「それより、せっかく今日も天気がいいんだから、早くこの718ボクスターで箱根のワインディングロードを走りましょうよ」
まったくもって、谷口の言うとおり。では、彼が操る718ボクスターでドライブに出掛けることにしよう。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
718ボクスターポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」日本上陸 2017.12.19 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年12月19日、新型「コンチネンタルGT」を報道陣にお披露目した。日本国内での価格は2530万円で、2018年の第3四半期にデリバリーが開始される予定。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
ホームへ戻る