ルノー・トゥインゴ インテンス(RR/6AT)/スマート・フォーフォー ターボ(RR/6AT)(後編)

似て非なる兄弟 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、もともとは国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。2台試乗の後編は比較テストである。トゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。

タイヤが生む大きな違い

トゥインゴからスマートに乗り換えると、まったく別の車に乗り換えたように感じる。外観や内装の好みは選ぶ人それぞれに主張があるだろうが、言葉で表すならば、やはりドイツ車とフランス車の違いということになる。写真でご覧のように、一見してスマートの方が凸凹と立体的で豪華かつ強壮な感じがする。トゥインゴはあっさりとシンプルな処理が軽妙とも受け取れる。

走らせてみた感覚的な違いは装着タイヤの差に寄るところが大きい。ボディーの重量差は1010kg対1060kgと人間1人分ぐらいのもので、スマートは見た目ほど重くはない。しかし大径で太いタイヤのグリップ感は大きく異なりハンドルはグイッと切れるし、パワーを掛けた強引なコーナリングをしても安心感がある。タイヤだけ大きくしたような足元の華奢(きゃしゃ)な感覚はなく、サスペンションもボディーもしっかりした剛性が確保されており、この辺は大きなドイツ車と変わりない。

もっとも同じ骨格とパーツを共用するトゥインゴとて足元に華奢な部分はなく、そこはフランス車ゆえ直進性と乗り心地を重視したチューンとはいえ、折れ曲がった山道でスマートと攻守ところを変えて前後入れ替わり追尾しても、後れをとるようなことはない。強いてニュアンスの違いを探すならば、トゥインゴのタイヤ配置がロングホイールベース的縦長感覚なのに対して、スマートは横幅の広いワイドトレッドでホイールベースも短く感じる。だからジムカーナ的な走り方をするならばスマートの方が速いだろう。

既存の1リッター直3自然吸気エンジン搭載車に追加される形で「フォーフォー ターボ」が発表されたのは2016年8月のこと。車両価格は256万円。
既存の1リッター直3自然吸気エンジン搭載車に追加される形で「フォーフォー ターボ」が発表されたのは2016年8月のこと。車両価格は256万円。
「フォーフォー ターボ」には、スポーツステアリングホイールやシフトパドル、スポーツペダルなどが標準で備わる。
「フォーフォー ターボ」には、スポーツステアリングホイールやシフトパドル、スポーツペダルなどが標準で備わる。
本革シートが「フォーフォー ターボ」では標準。シートヒーター付き。
本革シートが「フォーフォー ターボ」では標準。シートヒーター付き。
「トゥインゴ」と同様に、リアシートは2人掛け。乗車定員は4人となる。
「トゥインゴ」と同様に、リアシートは2人掛け。乗車定員は4人となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る