第12回 GT-Rノ販売台数ニ刮目セヨ!!

2016.10.11 エッセイ

燃やせ! ホンダスピリット

新型「NSX」は、私が見たところ、「458ハイブリッド 容姿に恵まれないガリ勉仕様」だった! 3モーターハイブリッドという超複雑なシステムを、よくぞここまで仕上げたと感嘆するが、これを買うのはホンダファンのみだろう。

ホンダファンにもお金持ちはいるが、ホンダ神話が翳(かげ)った今、そんなにメッチャ多くはなかろう。生産規模は1日あたり8台。つまり年間200日生産して1600台。今は納車3年待ちでも、それを過ぎれば急激に受注が落ち、10年後には年100台も切るだろう。赤字ゆえに次のモデルチェンジは20~30年後(あるいは無期延期)となり、先代と似たような道を辿(たど)るのではないか?

フェラーリは年間約7000台、ポルシェは「911」だけで年間約3万台。それに対して年間たった1600台くらいという生産台数や、日本で年間100台しか売らないのに販売ディーラー数が130もあり、しかもそこではフツーに軽も売ることに対して、「本気で売る気があるのか?」という批判があるが、私はそうは思わない。

こういうのは売る気がありゃ売れるってもんじゃない! ゴージャスな専売ディーラーなんぞ造ったって付け焼き刃だし焼け石に水。買うのはホンダファンだけなんだから、軽と一緒でいいじゃないか!

ホンダはわかっているのだ。「傷は浅い方がいい」と。

とにかくスーパーカーを作る! それがホンダスピリット!
    ↓
赤字になるのは覚悟の上だ!
    ↓
でも赤字は最小限にネ。

企業として当然の選択だ。

新型「ホンダNSX」


	新型「ホンダNSX」

初代「NSX」


	初代「NSX」

新型「NSX」にエールを送る筆者。


	新型「NSX」にエールを送る筆者。
筆者は、ホンダスピリットが注入された、「S660」も発表直後に購入している。
筆者は、ホンダスピリットが注入された、「S660」も発表直後に購入している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。