『CAR GRAPHIC』11月号発売 
特集! 日本のスポーツカーの行方

2016.10.06 From Our Staff
 
『CAR GRAPHIC』11月号発売 特集! 日本のスポーツカーの行方の画像

2016年10月1日発売の『CAR GRAPHIC』11月号では「ホンダNSX」をはじめとする日本のスポーツカーを特集。さらに、日本初上陸の「マセラティ・レヴァンテ」をライバル車との比較テストに連れ出しました。
(CG編集部)

F1ではタッグを組む、ホンダとマクラーレン。両社の最新マシンによる日本国内での比較テストは、本誌でしか読めないもの。(photo:荒川正幸)
F1ではタッグを組む、ホンダとマクラーレン。両社の最新マシンによる日本国内での比較テストは、本誌でしか読めないもの。(photo:荒川正幸)
雨のサーキットを疾走する「日産GT-R NISMO」。“この先の進化”を含めた詳しい話を、開発主査に聞いた。(photo:北畠主税)
雨のサーキットを疾走する「日産GT-R NISMO」。“この先の進化”を含めた詳しい話を、開発主査に聞いた。(photo:北畠主税)
東京の下町を行く2台。これまでのSUVに対する見方が変わるほどのインパクトを、テスターに与えた。(photo:北畠主税)
東京の下町を行く2台。これまでのSUVに対する見方が変わるほどのインパクトを、テスターに与えた。(photo:北畠主税)
高性能クーペに、貸し切りの状態にある箱根のターンパイクで存分に試乗した。「AMG」や「M」と異なる、「ポールスター」の魅力とは?(photo:北畠主税)
高性能クーペに、貸し切りの状態にある箱根のターンパイクで存分に試乗した。「AMG」や「M」と異なる、「ポールスター」の魅力とは?(photo:北畠主税)
世界レベルのCセグメントハッチバックになるべく、最新のプラットフォームを手に入れた新型「スバル・インプレッサ」。その走りやいかに?(photo:市 健治)
世界レベルのCセグメントハッチバックになるべく、最新のプラットフォームを手に入れた新型「スバル・インプレッサ」。その走りやいかに?(photo:市 健治)

■SUVやクーペのライバル対決にも注目

アメリカで開発・生産される新型ホンダNSX。その根底に、ニッポンのスピリットは宿っているのか? 『CG』11月号では、鈴鹿サーキットから街中までをNSXで走り、さらに、本誌長期テストリポート車の「マクラーレン570S」との比較テストも敢行! その実力を多角的に検証します。
また、「日産GT-R」や「トヨタ86」については、開発者に話を聞きつつ、その進化の度合いを試しています。

こうした熱きスポーツカーに対して、より気軽に、日々乗れるスポーツカーを取り上げたのが、コニサーズチョイス・スポーツカー編「デイリー・スポーツの世界」です。
“コニサー”とは英語で“目利き”を意味します。これまで数え切れないほどのクルマに試乗してきた本誌スタッフは、どんなスポーツカーをチョイスしたのか? 乞うご期待です。

今回はさらに、初上陸したマセラティ初のSUVレヴァンテを「ジャガーFペース」と一騎打ちさせました。さらに、国内の有料道路を占有した試乗会を舞台に、ボルボのホッテストセダン「S60ポールスター」が「メルセデスAMG C63 Sクーペ」「BMW M4」というドイツ製本格スポーツクーペに挑みます。
そのほか、「テスラ・モデルX」「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」「ルノー・トゥインゴ」「スバル・インプレッサ プロトタイプ」と、さまざまなジャンルにわたる、注目のニューモデルの試乗インプレッションをお伝えします。

『CG』11月号はお近くの書店、もしくはAmazonやFujisanといったオンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2016年11月号

発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1240円
A4判変型・250ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。