第371回:「スバル360」などの名車にイッキ乗り!
スバルのクルマ作りの歴史を学ぶ(前編)

2016.10.13 エッセイ

試乗会場に用意された、スバル秘蔵のヒストリックカー。

「スバル360」に「スバル1000」「レオーネ」、初代「レガシィ」と、往年の名車に一斉試乗! 富士重工業(スバル)が60年を超えるクルマ作りの歴史を紹介する“歴史講座”を開催した。会場となったスバル研究実験センターから、イベントの様子をリポートする。

座学が行われた技術資料館の展示の様子。機械遺産に登録された「スバル360」や、「EA」「EJ」「FB」という3世代の水平対向エンジンなどが飾られていた。
東京・武蔵野市に位置する武蔵野中央公園は、中島飛行機武蔵製作所の跡地を利用したもの。富士重工業の前身となった中島飛行機の創立は1917年なので、来年はその100周年にあたる。
スバルの自動車開発の歴史を振り返る3人。右からスバルOBの大林眞悟氏、新型「インプレッサ」の開発を担った阿部一博氏、車両研究実験総括部部長の藤貫哲郎氏。

かつての開発エピソードを語る大林眞悟氏。新型「インプレッサ」については、「初代『レガシィ』の時と同じように、かなり(理想に)近いイメージを感じる」「とにかくフレームがきれい」と語った。

 

往年の名車に試乗するまたとないチャンス

突然ですが、自慢話していいですか?
読者諸兄姉の皆さまは、スバル360やスバル1000を運転したことはありますか? 私はあります。というか、先日試乗してきました。スバルが催した同社の歴史セミナーに、なんとクラシックカーの試乗プログラムが含まれていたのですよ。長年にわたり旧車趣味をこじらせている私ですから、いまなお思い出すたびに「ぐふふふふ」という笑いがこぼれてしまいます。

なんでスバルは、このタイミングで、こんなステキな取材会を催したのか? いつもお世話になっている広報のO氏&I氏いわく、どうやら来年、社名を「富士重工業」から「SUBARU」に変更するにあたり、あらためてスバルのなんたるかを知らしめたい。より広く、自分たちがどんなメーカーであるかを知ってほしい。という思惑があるようです。

もっとも、スバルにどんな思惑があろうと私のモチベーションには関係ナシ。「このイベントは、中島飛行機武蔵製作所の跡地(の近所)で暮らしている私への、神様からのプレゼント」と勝手に解釈し、カメラ片手に栃木県のスバル研究実験センターを訪れたのであります。
なお、説明不要のこととは存じますが、中島飛行機とは富士重工業の前身となった航空機メーカー。来年はその創立100周年にあたります。

さて、セミナーはまず、スバルの自動車開発の歴史を学ぶ“座学”から始まりました。
マイクを握ったのは「スバル1000にあこがれて富士重工業に入社し、主にレオーネから開発に携わった」というスバルOBの大林眞悟氏、車両研究実験総括部部長の藤貫哲郎氏、新型「インプレッサ」のプロジェクトゼネラルマネージャーである阿部一博氏のお三方。そこで特に印象的だったのが、人気を博した4代目レガシィの開発について、藤貫氏が「大失敗」と述べたことでした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ