208psを誇る史上最強の「DS 3」40台限定で発売

2016.10.07 自動車ニュース
「DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル」
「DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月7日、3ドアハッチバック「DS 3」の特別仕様車「DS 3パフォーマンス」を、40台の台数限定で発売した。

「DS 3パフォーマンス」
「DS 3パフォーマンス」
「DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル」のダッシュボードにはゴールドのアクセントがあしらわれる。日本仕様は右ハンドルのみとなる。
「DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル」のダッシュボードにはゴールドのアクセントがあしらわれる。日本仕様は右ハンドルのみとなる。
小柄なボディーながら、マットブラック×ゴールドが迫力を漂わせる。
小柄なボディーながら、マットブラック×ゴールドが迫力を漂わせる。

今回の特別仕様車は、DSブランドのレーシング部門である「DSパフォーマンス」が監修して開発されたDS 3のハイエンドモデル。搭載される1.6リッター4気筒ターボエンジンは、最高出力208ps、最大トルク30.6kgmを発生。これまでに発売されたDS 3の中で最もハイパフォーマンスなスペックを誇る。さらに、トルセンLSDも組み込まれ、ハンドリング性能の強化が図られている。また、新デザインの18インチホイールの採用もトピックのひとつだ。

DS 3パフォーマンスには、内外装の違いで2つのバリエーションが用意される。「ブランバンキーズ」と「ルージュアデン」のボディーカラーが選べる「パフォーマンス」は限定30台で、369万円。「マットブラック」のボディーカラーと、ルーフやダッシュボードなどにゴールドがあしらわれた「パフォーマンス ブラックスペシャル」は399万円で、こちらは10台限定の販売となる。両車とも右ハンドル、6段MTのみが設定される。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンDS5シック(FF/6AT)【試乗記】 2012.7.22 試乗記 シトロエンDS5シック(FF/6AT)
    ……445万円

    スタイリングと実用性の類いまれなる融合例(!?)として目下話題の「シトロエンDS5」。見てよし、触れてよしの希代のクロスオーバーは、どんな走りの後味を残すのか。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る