アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)

最後の砦 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。スーパースポーツとて“ダウンサイジングターボ化”が避けられないこの時代、R8は大排気量の自然吸気エンジンが楽しめる最後の砦(とりで)だ。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニットは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。

インテリジェンスを武器に

「ホンダNSX」が2370万円のプライスタグを付けたことがちょっとした話題になっているが、それを考える上でもいまアウディR8に試乗するのは、とても面白いとボクは感じた。
なぜならこのR8というプレミアムスポーツカーも、もはやオーバー2000万円が当たり前となったこのカテゴリーに、NSXと同じくインテリジェンスを武器として参入しているからである。ただその表現方法は、ちょっと違う。
ちなみに初代R8が登場したのは、いまから9年前の2007年。当時の価格は、4.2リッターのV型8気筒FSIエンジンを搭載して1670万円だった(それでも十分高額だが)。そして翌年に5.2リッターV10 FSIが登場し、1994万円に。翌年の価格改定によって、ついに大台に乗り、2012万円となった。

そして2代目となったR8に乗る。しかもこのR8からは、V8エンジンが廃止されV10オンリーとなった。今回試乗したのは、その最上位グレードとなるV10プラス5.2 FSIクワトロである。

R8が素晴らしいのは、80km/hで走っていても“納得できる”ことだ。
それは社会性というものを重視するこれからの時代において、とても重要な性能になると思う。「ロードテイスト性能」とでも言おうか。
単に乗り心地がよいのではない。そんなの当たり前だ。
むしろそれに関してR8は、超高速域での安定性を担保するために用意された大径タイヤが、時折コツコツとオシリを突き上げることもある。この点だけで言うと同じコンポーネンツを使う、「ランボルギーニ・ウラカン」の方がラグジーな感じさえする。

現行「R8」に搭載されるエンジンは5.2リッターV10自然吸気のみ。標準型では540ps、上級グレードの「V10プラスクーペ」(写真)では610psを誇る。
現行「R8」に搭載されるエンジンは5.2リッターV10自然吸気のみ。標準型では540ps、上級グレードの「V10プラスクーペ」(写真)では610psを誇る。
ファインナッパレザーのフルレザーインテリアトリムが標準で装着される。
ファインナッパレザーのフルレザーインテリアトリムが標準で装着される。
ドライサンプの5.2リッターV10自然吸気ユニット。610psと560Nmを発生する。
ドライサンプの5.2リッターV10自然吸気ユニット。610psと560Nmを発生する。
標準型の「R8」とは異なり、リアスポイラーは固定式のウイングとなる。
標準型の「R8」とは異なり、リアスポイラーは固定式のウイングとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る