スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)

まだまだ盛れる 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。

ちょっと違ったSTI

メルセデス・ベンツならAMG、BMWならM、アウディならアウディスポーツ、キャデラックならV。モータースポーツも視野に入れてハイパフォーマンスカーを開発する部門が、高級・高性能仕様車を開発するのが世界の自動車メーカーのトレンドだ。
この手のモデルは利幅がデカくていい商売になるし、ライバル他社にブランド力で差をつけることもできる。だからこの流れは、さらに加速するだろう。

けれども、どんなメーカーでもこの戦略を採れるわけではない。モータースポーツで結果を残していないと、説得力がないからだ。「F1やってます」「DTMで総合優勝しました」「ルマン24時間ではこの10年で7回優勝しています」ぐらい言われると、「ははぁ~」とひれ伏してしまう。
でも、「レースはじめました」程度の看板だとしたら、中華料理屋の「冷やし中華はじめました」の看板の方がまだ注目を集めるだろう。

自信を持って看板を出すことができる国産メーカーの最右翼が、STI(スバルテクニカインターナショナル)だ。3度のマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得したWRC(世界ラリー選手権)での名声は言うに及ばず、ここ最近でも過酷なニュルブルクリンク24時間レースで2年連続でクラス優勝を遂げている。

ただ、お世辞にも商売上手とはいえないスバルは、これまでSTIのブランド力をあまり上手に使ってこなかった。STI仕様もあるにはあったけれど、それは高級・高性能仕様というよりはバリバリの武闘派仕様で、限られた好事家たちの方を向いていた。

そうした方針を転換して、STIというブランドが持つ資産を有効活用しようという流れで生まれたのが、このスバル・レヴォーグ2.0STI Sportである。台数限定車だった「tuned by STI」とは異なり、れっきとしたカタログモデル。レヴォーグのSTI Sportは1.6リッターモデルもラインナップするけれど、今回試乗したのは最高出力300psを発生する、2リッター直噴ターボエンジンを搭載したモデルだ。

2016年5月に、「レヴォーグ」の新グレードとして追加設定された「STI Sport」。1.6リッターモデルと、今回試乗した2リッターモデルの2本立てとなっている。
2016年5月に、「レヴォーグ」の新グレードとして追加設定された「STI Sport」。1.6リッターモデルと、今回試乗した2リッターモデルの2本立てとなっている。
「レヴォーグSTI Sport」のインテリアは、赤いステッチやピアノブラックのパネル類でドレスアップされている。
「レヴォーグSTI Sport」のインテリアは、赤いステッチやピアノブラックのパネル類でドレスアップされている。
ステアリングホイールのスポーク部には、走行モードを変更する「SI-DRIVE」や、クルーズコントロールのスイッチがレイアウトされる。
ステアリングホイールのスポーク部には、走行モードを変更する「SI-DRIVE」や、クルーズコントロールのスイッチがレイアウトされる。
車体後部には、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)のエンブレムが装着される。
車体後部には、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)のエンブレムが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る