キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)

新天地を求めて 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新たなフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。

新世代キャデラックの第1弾

昼間見てもいいけれど、夜見ると、もっといい。妖気が漂っている。コワイぐらいである。

四角いボディーの両端ギリギリに見えるヘッドライトから垂れ下がったようなLEDランプが、アフリカのお面とかネイティブインディアンのお化粧ですかあれは、『サイボーグ009』の005みたいで、呪術的ななにかを象徴しているかにも思える。

新しいキャデラックの旗艦CT6はハイテク満載である。まるで1980年代の日本車みたいに。1902年誕生というこのアメリカの高級ブランドはいま、何度目かの出直しのスタートラインに立っている。

新しいコンセプトは“Dare Greatly”。直訳だと「思い切って大胆に」である。やっちゃえ、キャディ。

Cadillac Touringの6を意味するCT6は2015年4月のニューヨークモーターショーで発表された。2020年までに投入する8車種のニューモデル群の第1弾であり、120億ドル、ということは1兆2000億円を投資した商品開発の最初の成果だとされる。

後輪駆動のフルサイズ・キャディとしては1996年にディスコン(継続中止)になった「フリートウッド」以来、ということなので20年ぶりとなる。

キャデラック久々の、FRベースのフルサイズセダンとして登場した「CT6」。本国には2リッターターボのFRや、3リッターツインターボの4WDなども用意されているが、日本に導入されるのは3.6リッターの4WDのみとなる。
キャデラック久々の、FRベースのフルサイズセダンとして登場した「CT6」。本国には2リッターターボのFRや、3リッターツインターボの4WDなども用意されているが、日本に導入されるのは3.6リッターの4WDのみとなる。
「CT6」のインテリア。内装色にはベージュ(写真)とブラックの2種類が用意されている。
「CT6」のインテリア。内装色にはベージュ(写真)とブラックの2種類が用意されている。
「CT6」は、キャデラックが2020年までに導入する予定の、新世代製品群の第1弾のモデルにあたる。今後、キャデラックのセダンは同車にならい、「CT+数字」の3文字の車名になるという。
「CT6」は、キャデラックが2020年までに導入する予定の、新世代製品群の第1弾のモデルにあたる。今後、キャデラックのセダンは同車にならい、「CT+数字」の3文字の車名になるという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CT6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更 2017.1.5 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る