第471回:大矢アキオのパリモーターショー2016(後編)
いとしのフランス車よ、さらば! そして幻の飛行機工場街

2016.10.14 エッセイ

パリからレトロなクルマが消える!?

前回はパリモーターショー2016の会場内の様子についてリポートしたので、今回は、その開催場所であるパリの街について記そう。

パリでは2016年7月1日から、大気汚染対策のため、“古い自動車”の運転が制限されるようになった。
古い自動車の対象は、1996年12月31日以前に製造された、欧州排ガス基準「ユーロ1」に該当する車両だ。参考までにいうと、今日ヨーロッパで販売されている新車は「ユーロ6」適合車である。

もう少し詳しく状況を知りたかった筆者は、本エッセイ第128回の動画編「トラクシォン・アヴァン11CV」の運転教えます! に登場したコレクター、ディディエ・ジョアン氏に話を聞いてみることにした。
ディディエ氏は、「月曜から金曜の朝8時から夜8時までが、古い車両の運行禁止タイムだ」と、教えてくれた。反則金は2016年内は35ユーロだが、2017年元日からは68ユーロに跳ね上がる。

「一方で、フランス古典車連盟(FFVE)の尽力により、コレクション車両用車検証(CGC:Carte Grise de collection)を保持している車両は、いかなる時間でも運転できるんだ」とディディエ氏は語る。
CGCは30年以上前に登録された車両に適用される。かつてナチス・ドイツによるパリ占領時代、多くの車検証が消失してしまった。それによって廃棄されるヒストリックカーが多いことを憂いたフランス古典車連盟が政府に働きかけ、1966年に実現した制度だ。

実際パリの街では、CGCを保持していると思われるオーナーたちの「プジョー404」や初代「フォード・マスタング」といったクルマたちが、曜日を問わず元気に走りまわっているのを目撃する。
一方、「シトロエンBX」や「プジョー205」など、ボク個人としては前述のクルマたち以上に親しみを感じるヤングタイマーは、ほとんど姿を消してしまった。多くが運行禁止対象車でありながらCGC対象でもなく、かつコレクターズアイテムとしての認知度が浅いことが、その理由だろう。
地方都市で巡り会える機会を、楽しみにすることにしよう。

「YAMAGATA」「SAITAMA」……パリでは「47の都道府県がすべてそろっているのでは?」と思うほど、県名を冠した和食レストランを多く見かける。写真の店は、屋号(FUJIYAMA)に対して“本物感”が薄かったのか、すでに閉じていた。
今回、パリモーターショー取材に際して宿をとったのは、ヴォワザン兄弟通り。
ブーローニュ・ビヤンクールの市役所前で。「プジョー404」のファンが街を流す。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。