2リッター直4搭載の「BMW Z4 sDrive20i」登場

2011.10.24 自動車ニュース

2リッター直4搭載の「BMW Z4 sDrive20i」登場

BMWジャパンは2011年10月24日、ロードスターの「Z4」に新開発の2リッター直列4気筒ターボエンジンと8段ATを搭載した「sDrive20i」、ならびにロードスターモデルとしては初のエコカー減税対象モデルとなる「sDrive20i Cruising Edition(クルージングエディション)」を発売した。納車は2011年10月下旬からを予定している。

「Z4 sDrive20i」に搭載される新型2リッター直4ターボエンジンはN20型と呼ばれるもの。ツインスクロール・ターボ・チャージャー、高精度直噴システム、吸排気バルブタイミングを最適に調整するダブルVANOS、吸気バルブのリフト量を無段階制御するバルブトロニックを組み合わせた“ツインパワーターボ”技術が採用され、245ps版と184ps版が存在する。

「sDrive20i」に搭載されたのは出力を抑えた後者のほう。出力とトルクはこのエンジンをすでに採用している「523i」とまったく同じ184ps/5000rpmおよび27.5kgm/1250-4500rpm、燃費は10・15モードで12.8km/リッター、JC08モードで13.4km/リッターと発表されている。なお今回の発表に伴い、2.5リッター直6エンジンを搭載する「sDrive23i」は廃止された。

一方、「sDrive20i Cruising Edition」は、タービンスポーク・スタイリング292アロイホイール、ウインドディフレクター、サーボトロニックなど、快適性や操作性を高めた装備が追加された特別仕様車である。「平成22年度燃費基準+20%」および「平成17年度排ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成し、自動車取得税および重量税が約50%減税となるエコカー減税対象モデルにロードスターモデルとしては初めて認定された。

価格は以下のとおり。
・BMW Z4 sDrive20i:499万円
・BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition:519万円

(webCG 竹下)

「BMW Z4 sDrive20i」
「BMW Z4 sDrive20i」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Z4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る