610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始

2016.10.13 自動車ニュース
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」

BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、注文受け付けを開始した。納車の時期は2017年2月になる見込み。

 
610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始の画像
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。

今回のBMW M760Li xDriveに搭載されるのは、6.6リッターの12気筒ターボエンジン。車名のMの文字が示す通り、BMW M社がスポーティーなチューニングを施した「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモビル)」である。
最高出力は610psで、最大トルクは81.6kgm。8段ATと4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせ、0-100km/h加速3.7秒というセグメント最速の動力性能を発揮する。

走りのダイナミズムを重視した「M760Li xDrive」のほかに、エレガントなスタイリングをセリングポイントとする「M760Li xDrive V12 Excellence」もラインナップされる。価格はいずれも2420万円。

M760Li xDriveは、「Mエアロダイナミクスパッケージ」と専用20インチアルミホイール、ダークブルーにペイントされたMスポーツブレーキ、スポーツエキゾーストシステムを装着。スポーティーなたたずまいとなっている。

一方、M760Li xDrive V12 Excellenceは、フロントバンパーとエキゾーストテールパイプにクロームインサートが施される「デザインピュアエクセレンス・パッケージ」を採用。さらに、専用デザインの20インチアルミホイールやマットブラックのブレーキキャリパーなどが与えられる。

この12気筒モデルの登場で、現行型の7シリーズには、4気筒のハイブリッドから、直列6気筒、V型8気筒、そしてV型12気筒までがそろうことに。歴代7シリーズの中でも、最も充実したラインナップとなった。

(文=鈴木ケンイチ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 JAIA輸入車試乗会2017 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【試乗記】 2012.10.9 試乗記 BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)
    ……965万9000円

    BMWのミドル級セダン「5シリーズ」にハイブリッドバージョンが登場。その走りは、ガソリン車とどう違う? 燃費も含め、テストした。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
ホームへ戻る