610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始

2016.10.13 自動車ニュース
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」

BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、注文受け付けを開始した。納車の時期は2017年2月になる見込み。

 
610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始の画像
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。

今回のBMW M760Li xDriveに搭載されるのは、6.6リッターの12気筒ターボエンジン。車名のMの文字が示す通り、BMW M社がスポーティーなチューニングを施した「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモビル)」である。
最高出力は610psで、最大トルクは81.6kgm。8段ATと4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせ、0-100km/h加速3.7秒というセグメント最速の動力性能を発揮する。

走りのダイナミズムを重視した「M760Li xDrive」のほかに、エレガントなスタイリングをセリングポイントとする「M760Li xDrive V12 Excellence」もラインナップされる。価格はいずれも2420万円。

M760Li xDriveは、「Mエアロダイナミクスパッケージ」と専用20インチアルミホイール、ダークブルーにペイントされたMスポーツブレーキ、スポーツエキゾーストシステムを装着。スポーティーなたたずまいとなっている。

一方、M760Li xDrive V12 Excellenceは、フロントバンパーとエキゾーストテールパイプにクロームインサートが施される「デザインピュアエクセレンス・パッケージ」を採用。さらに、専用デザインの20インチアルミホイールやマットブラックのブレーキキャリパーなどが与えられる。

この12気筒モデルの登場で、現行型の7シリーズには、4気筒のハイブリッドから、直列6気筒、V型8気筒、そしてV型12気筒までがそろうことに。歴代7シリーズの中でも、最も充実したラインナップとなった。

(文=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • パリモーターショー2016の会場から(その3) 2016.10.1 画像・写真