610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始

2016.10.13 自動車ニュース
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」

BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、注文受け付けを開始した。納車の時期は2017年2月になる見込み。

 
610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始の画像
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。

今回のBMW M760Li xDriveに搭載されるのは、6.6リッターの12気筒ターボエンジン。車名のMの文字が示す通り、BMW M社がスポーティーなチューニングを施した「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモビル)」である。
最高出力は610psで、最大トルクは81.6kgm。8段ATと4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせ、0-100km/h加速3.7秒というセグメント最速の動力性能を発揮する。

走りのダイナミズムを重視した「M760Li xDrive」のほかに、エレガントなスタイリングをセリングポイントとする「M760Li xDrive V12 Excellence」もラインナップされる。価格はいずれも2420万円。

M760Li xDriveは、「Mエアロダイナミクスパッケージ」と専用20インチアルミホイール、ダークブルーにペイントされたMスポーツブレーキ、スポーツエキゾーストシステムを装着。スポーティーなたたずまいとなっている。

一方、M760Li xDrive V12 Excellenceは、フロントバンパーとエキゾーストテールパイプにクロームインサートが施される「デザインピュアエクセレンス・パッケージ」を採用。さらに、専用デザインの20インチアルミホイールやマットブラックのブレーキキャリパーなどが与えられる。

この12気筒モデルの登場で、現行型の7シリーズには、4気筒のハイブリッドから、直列6気筒、V型8気筒、そしてV型12気筒までがそろうことに。歴代7シリーズの中でも、最も充実したラインナップとなった。

(文=鈴木ケンイチ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.7 試乗記 BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……1308万1000円

    「7シリーズ」のマイナーチェンジを機に、「アクティブハイブリッド7」が大きく進化した。1モーター2クラッチ方式のフルハイブリッドカーとなった新型の走りはいかに。
  • BMW 530e iパフォーマンス ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.8.17 試乗記 プラグインハイブリッド車のラインナップ拡充を進めるBMW。今回は、そのニューフェイスとなるミッドサイズセダン「530e」に試乗。純粋なガソリンエンジン車とはひと味違う、走りや乗り心地をリポートする。
  • 装備を強化した最新の「メルセデス・ベンツSクラス」上陸 2017.8.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月9日、フラッグシップセダン「メルセデス・ベンツSクラス」のマイナーチェンジモデルを発表。同日、予約受注を開始した。価格は「S400」の1128万円から「メルセデスAMG S65ロング」の3323万円まで。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る