「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編)

2016.10.13 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編)の画像

谷口信輝の新車試乗――ポルシェ718ボクスター(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ポルシェ718ボクスター」に試乗する。エンジンをフラット6の自然吸気からフラット4ターボに改めたミドシップポルシェを、谷口はどう評価するのだろうか?

 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編)の画像

■ポルシェのドライビングには“理解”が必要

「ちょっと不安感があるよね」
ポルシェの新しい718ボクスターのハンドリングについて、谷口は開口一番にそう語った。

「なんか、いつ裏切られるかわからない感じがするんですよ」
これまでであれば、リアエンジンの「911」よりもミッドシップの「ボクスター」や「ケイマン」のほうがスタビリティー重視の設定で、安心感が強いというのが定説だった。ところが谷口はコーナリングで718ボクスターにかすかな不安を覚えたという。
「たとえば限界点がこの辺にあって、それを越えるまでは絶対に大丈夫という安心感が伝わってこなかったんです」

どうして谷口はそう感じたのだろうか?
「フロントの動きに落ち着きがないからだと思う。たとえばフロントにカナードとかリップをつけてダウンフォースを増やすか、ラゲッジルームにバラストでも積んでフロント荷重を増やしたら、この微妙な不安感を解消できるかもしれませんね」

実は谷口は「マクラーレン570S」の回でも似たようなコメントを口にしていた。
「これはミッドシップの宿命だと思いますよ」と谷口。
この言葉を聞いて、以前、彼が「レイアウト的には、僕はフロントエンジンが好きなんです」と語っていたのを思い出した。裏を返せば、谷口はフロント荷重が薄くなりがちのミドシップが苦手なのだろう。

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る