マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定

2016.10.14 自動車ニュース
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」

マツダは2016年10月14日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「Tailored Brown(テーラード・ブラウン)」を設定し、同年11月17日に発売すると発表した。

「13Sツーリング Lパッケージ」と「XDツーリング Lパッケージ」に新設定された黒革内装のインテリア。
「13Sツーリング Lパッケージ」と「XDツーリング Lパッケージ」に新設定された黒革内装のインテリア。
黒革内装ではシートはブラックとディープレッドのツートンカラーとなる。
黒革内装ではシートはブラックとディープレッドのツートンカラーとなる。
11個のLED光源を使ったオートハイビーム機構付きのアダプティブLEDヘッドライト。ロービーム時の照射範囲も拡大している。
11個のLED光源を使ったオートハイビーム機構付きのアダプティブLEDヘッドライト。ロービーム時の照射範囲も拡大している。
「XDツーリング Lパッケージ」のリアビュー。ボディーカラーは新色の「マシーングレープレミアムメタリック」。
「XDツーリング Lパッケージ」のリアビュー。ボディーカラーは新色の「マシーングレープレミアムメタリック」。
新色の「ディープクリムゾンマイカ」が採用された「XDツーリング Lパッケージ」。
新色の「ディープクリムゾンマイカ」が採用された「XDツーリング Lパッケージ」。
白革内装のインテリアについても、色や各部の装飾が大幅に変更された。
白革内装のインテリアについても、色や各部の装飾が大幅に変更された。
新設計のステアリングホイール。写真は「XDテーラード・ブラウン」のもの。
新設計のステアリングホイール。写真は「XDテーラード・ブラウン」のもの。

「デミオXDテーラード・ブラウン」


	「デミオXDテーラード・ブラウン」
キルティング加工を施したグランリュクスのシート。
キルティング加工を施したグランリュクスのシート。
高輝度ダーク塗装のアルミホイール。
高輝度ダーク塗装のアルミホイール。

■運転支援システムの設定を大幅に強化

今回の改良では、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを制御し、操縦安定性や快適性を向上させる「G-ベクタリングコントロール」を全車に搭載。スムーズな挙動と落ち着きのある乗り心地を重視してダンパーやブッシュなどの部品を変更したほか、電動パワーステアリングについてもリニアなコントロール性を実現するため、特性の見直しを図っている。またディーゼルエンジンについては、既存の「ナチュラルサウンドスムーザー」に加え、新たに燃料の噴射タイミングを調整することで不快なノック音を低減する「ナチュラルサウンド周波数コントロール」を標準で採用した。

装備の強化や各種機能の改善も図っており、運転支援システムについては自動緊急ブレーキ「SBS」や前走車追従機能付きクルーズコントロール「MRCC」、後退時の衝突被害軽減を支援する「SCBS R」をセットにした「セーフティクルーズパッケージ」を、「13Sツーリング」「13Sツーリング Lパッケージ」「XDツーリング」「XDツーリング Lパッケージ」にオプションとして設定した。また、片側11個のLED光源を用いて照射範囲を制御し、対向車や前走車の眩惑(げんわく)を防ぎつつ夜間の視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」を新採用。車線逸脱警報やブラインドスポットモニターとセットにして、「15MB」と一部グレードのオーディオレス車両を除く全車にオプション設定した。

さらに、13Sツーリング、13Sツーリング Lパッケージ、XDツーリング、XDツーリング Lパッケージに標準装備するヘッドアップディスプレイ「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」は、上部に走行環境情報を、下部に車両情報を表すよう表示のしかたを変更。さらに、フルカラー化、高輝度化、高精細化、高コントラスト化により、視認性を改善した。またメーターについても表示の字体の変更や高コントラスト化により、読みやすさを改善している。

このほかにも、オート格納電動ドアミラーやリアヒーターダクト、4WD車にはリアフォグランプやヘッドランプウオッシャーおよび大型ウオッシャータンクを新たに採用した。

■上級グレードに黒革内装を新設定

内外装のデザインも一部を変更しており、外装ではフロントグリルのガーニッシュを13Sツーリング、13Sツーリング Lパッケージではピアノブラックに、ディーゼルエンジン搭載車ではグレーメタリックに変更。クロームメッキべゼルで装飾したフロントフォグランプをXDツーリング、XDツーリング Lパッケージに標準装備、その他のグレードにオプション設定した。また、一部上級グレードではアルミホイールの色をメタリックグレーに変更。ボディーカラーについては、一部のカラーを廃止するとともに「マシーングレープレミアムメタリック」「ディープクリムゾンマイカ」「エターナルブルーマイカ」「ソニックシルバーメタリック」の4色を新設定。全11色のラインナップとした。

一方インテリアでは、全周において握り心地が同じとなるように配慮した、新設計のステアリングホイールを採用。グレードごとの仕様も変更しており、13Sツーリング LパッケージとXDツーリング Lパッケージでは白革内装の色をオフホワイトからピュアホワイトに変更するとともに、各部に赤のアクセントを施し、サテンクロームとピアノブラックの装飾を採用した。同時に、ブラックを基調にディープレッドのアクセントを組み合わせた黒革内装の仕様を新設定。シートの座面には「グランリュクス」と呼ばれるスエード調人工皮革を採用している。

このほかにも、13SツーリングとXDツーリングには黒布内装を新採用。「13S」と「XD」はインテリア全体を黒で統一するとともに、インストゥルメントパネルやコンソール、ドアのインナーパネルに千鳥格子の模様を施したグロスブラックの装飾パネルを用いている。

価格は135万円から222万4800円。FF車については従来モデルから据え置き、4WD車については装備の強化に伴い、1万0800円の値上げとなっている。

■優しい雰囲気のインテリアが特徴

同時に設定されたテーラード・ブラウンは、13SツーリングおよびDXツーリングのAT車をベースに、カタログモデルとは異なるコーディネートを施した特別仕様車である。マツダはデミオにデザインを特徴とした特別仕様車を定期的に投入しており、今回のモデルはその第4弾にあたる。

内装色はライトブラウンとブラックの組み合わせで、アクセントとして各部のステッチやエアコン吹き出し口の装飾にはオレンジを採用。シートにはキルティング加工を施したグランリュクス素材を用い、「やわらかく上質なアート空間」を表現したという。一方外観では、高輝度ダーク塗装を施したアルミホイールを採用している。

価格は以下の通り。
・13Sテーラード・ブラウン(FF):171万7200円
・13Sテーラード・ブラウン(4WD):192万2400円
・XDテーラード・ブラウン(FF):199万8000円
・XDテーラード・ブラウン(4WD):220万3200円

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(6AT)/XD(6AT)/13S Lパッケージ(6AT/5MT) 2014.10.22 試乗記 舞台は箱根のワインディングロード、新型「デミオ」のフットワークに“死角”はないのだろうか? 1.5ディーゼルと1.3ガソリンの両方を都合4モデル試乗し、じっくりと考えた。
ホームへ戻る