「メルセデス・ベンツCLS」に新グレード追加

2011.10.24 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLS」に新グレード「CLS550ブルーエフィシェンシー」追加

メルセデス・ベンツ日本は2011年10月24日、4ドアクーペ「CLS」に4.7リッターV8直噴ツインターボ搭載の新グレード「CLS550ブルーエフィシェンシー」を追加した。

2011年2月にフルモデルチェンジした2代目「CLS」に、新世代4.7リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「CLS550ブルーエフィシェンシー」が加わった。このエンジンは、すでに「CL550ブルーエフィシェンシー」や「S550ブルーエフィシェンシー」にも採用されているもので、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッドガソリン直噴システムや、1000分の1秒以内に最大4回の点火スパークを行うマルチスパークイグニッションなどにより、低燃費化を実現している。

トランスミッションは7段AT「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、アイドリングストップ機構「ECOスタートストップ」を備えるのは、V6モデルの「CLS350ブルーエフィシェンシー」と共通だ。

キモとなる4.7リッターV8ユニットは、最高出力408ps、最大トルク61.2kgmを発生。先代の「CLS550」比で出力とトルクは21ps、7.1kgm向上しており、燃費は約50%改善しているという。

CLS550ブルーエフィシェンシーは、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー/リアスカート)、19インチAMG 5スポークアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンド、シングルルーバーフロントグリルなどによりエクステリアがスポーティーな仕立てとなるほか、ガラススライディングルーフや「harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム」が標準で装備される。またインテリアには、「エクスクルーシブパッケージ」と呼ばれるセミアニリンレザーシート採用のフルレザー内装(ルーフライナーはアルカンターラ)が、同グレード専用オプションとして設定される。

CLS350ブルーエフィシェンシーではオイル注入式ダンパーシステム(電子制御可変システム式)となるサスペンションは、電子制御式エアサスペンション「AIRマティックサスペンション」にグレードアップする。

価格は、1175万円。CLS350比で245万円高の設定だ。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツCLS550 ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツCLS550 ブルーエフィシェンシー」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る