「メルセデス・ベンツCLS」に新グレード追加

2011.10.24 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLS」に新グレード「CLS550ブルーエフィシェンシー」追加

メルセデス・ベンツ日本は2011年10月24日、4ドアクーペ「CLS」に4.7リッターV8直噴ツインターボ搭載の新グレード「CLS550ブルーエフィシェンシー」を追加した。

2011年2月にフルモデルチェンジした2代目「CLS」に、新世代4.7リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「CLS550ブルーエフィシェンシー」が加わった。このエンジンは、すでに「CL550ブルーエフィシェンシー」や「S550ブルーエフィシェンシー」にも採用されているもので、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッドガソリン直噴システムや、1000分の1秒以内に最大4回の点火スパークを行うマルチスパークイグニッションなどにより、低燃費化を実現している。

トランスミッションは7段AT「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、アイドリングストップ機構「ECOスタートストップ」を備えるのは、V6モデルの「CLS350ブルーエフィシェンシー」と共通だ。

キモとなる4.7リッターV8ユニットは、最高出力408ps、最大トルク61.2kgmを発生。先代の「CLS550」比で出力とトルクは21ps、7.1kgm向上しており、燃費は約50%改善しているという。

CLS550ブルーエフィシェンシーは、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー/リアスカート)、19インチAMG 5スポークアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンド、シングルルーバーフロントグリルなどによりエクステリアがスポーティーな仕立てとなるほか、ガラススライディングルーフや「harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム」が標準で装備される。またインテリアには、「エクスクルーシブパッケージ」と呼ばれるセミアニリンレザーシート採用のフルレザー内装(ルーフライナーはアルカンターラ)が、同グレード専用オプションとして設定される。

CLS350ブルーエフィシェンシーではオイル注入式ダンパーシステム(電子制御可変システム式)となるサスペンションは、電子制御式エアサスペンション「AIRマティックサスペンション」にグレードアップする。

価格は、1175万円。CLS350比で245万円高の設定だ。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツCLS550 ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツCLS550 ブルーエフィシェンシー」 拡大

関連キーワード:
CLSクーペメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス、4ドアクーペ「CLS」の新型を発売 2018.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年6月25日、新型「CLS」の国内販売を開始した。2リッター直4ディーゼルターボの「CLS220d スポーツ」と、3リッター直6ガソリンターボの4WDモデル「CLS450 4MATIC スポーツ」がラインナップされる。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(メルセデス・ベンツ) 2017.12.4 画像・写真 メルセデス・ベンツが4ドアクーペの新型「CLS」を世界初公開! LAショーの会場より、燃料電池車の「GLC F-CELL」や “公道を走るF1マシン”こと「メルセデスAMG ONE」などとともに、その詳細な姿を写真でリポートする。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
ホームへ戻る