KEN OKUYAMAがワンオフのスーパーカー「kode57 Enji」を披露

2016.10.13 自動車ニュース
「KEN OKUYAMA kode57 Enji」
「KEN OKUYAMA kode57 Enji」

KEN OKUYAMA DESIGNは2016年10月13日、限定生産のスーパースポーツ「kode57 Enji(コード57 エンジ)」を日本初公開した。

左右のドアはリアヒンジの跳ね上げ式。その様子から、奥山氏が「バンザイ・ドア」と命名。
左右のドアはリアヒンジの跳ね上げ式。その様子から、奥山氏が「バンザイ・ドア」と命名。
インテリアの様子。計器盤はセンターコンソール上部にまとめられている。トランスミッションは6段のオートマチックで、サイドブレーキはレバー式。
インテリアの様子。計器盤はセンターコンソール上部にまとめられている。トランスミッションは6段のオートマチックで、サイドブレーキはレバー式。
奥山清行氏。「いま代表的なカロッツェリアが使っている(カーボンファイバーや合成皮革、3Dプリンターといった)技術の多くは、日本が出どころなんです。つまり日本にはクルマをワンオフする土台がある。足りないのは、デザイン。そこをKEN OKUYAMA DESIGNが担います」などと意欲的なコメントを残した。
奥山清行氏。「いま代表的なカロッツェリアが使っている(カーボンファイバーや合成皮革、3Dプリンターといった)技術の多くは、日本が出どころなんです。つまり日本にはクルマをワンオフする土台がある。足りないのは、デザイン。そこをKEN OKUYAMA DESIGNが担います」などと意欲的なコメントを残した。
発表会場には、「ロータス・エキシージ」をベースに制作された「kode9GT」も展示された。こちらは、今回が世界初公開。
発表会場には、「ロータス・エキシージ」をベースに制作された「kode9GT」も展示された。こちらは、今回が世界初公開。

kode57 Enjiは、奥山清行氏が率いるカロッツェリア・KEN OKUYAMA DESIGNが内外装を制作した、ワンオフのオープンカー。2016年8月にアメリカのカリフォルニアで世界初公開されたのに続き、日本で披露された。

今回の車両のベースとなるのは「フェラーリ599」で、ハンドメイドであつらえたカーボンファイバー製のオリジナルボディーが与えられている。
目玉となるエクステリアは、フォーミュラカーを思わせるフェンダーのデザイン処理や、跳ね上げ式のドアなどが特徴。車名の“Enji(えんじ)”に示される通り、深みのある赤いボディーカラーも個性のひとつとされる。定員2人のキャビンも赤が基調。運転席周辺に限り、黒が用いられている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4650×2080×1175mmで、ホイールベースは2750mm。フロントに搭載される、フェラーリ599ゆずりの6リッターV12エンジンは最高出力620ps、最大トルク62.0kgmを発生する。ECUのチューニングにより、アウトプットは702psと65.4kgmにまで高めることが可能だ。

kode57 Enjiの生産台数は5台。うち4台は売約済みとなっている。価格は、制作内容によって変動するものの、「ベース車両の本体価格+およそ2億円の制作費」と伝えられる。

発表会の席で車両を紹介した奥山氏によれば、現在、kode57 Enjiに続くワンオフ車のプロジェクトも進行中。ベース車両はフェラーリではなくランボルギーニで、すでに制作段階に入っているという。

(webCG 関)

→「KEN OKUYAMA kode57 Enji」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
599フェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
ホームへ戻る