ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)

ブリティッシュ・ライトウェイトの特権 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。

ただでさえ軽いクルマを51kgも軽量化

ロータスのミドルウェイトスポーツである「エキシージS」がマイナーチェンジ。軽量化を中心にその性能が向上し、名称もエキシージ スポーツ350と改められた。
もっともその源流である「エリーゼ」も、昨年末に「エリーゼ」を「エリーゼ スポーツ」、「エリーゼS」を「エリーゼ スポーツ220」としているから、これはグループ全体で各車のアピール度を高めようとした処置だと思われる。「エヴォーラ」については「エヴォーラ400」と「スポーツ」がつかないなど整合性に欠ける部分はあるものの、高性能モデルの末尾にその馬力を表す数字が再び付いたのは(エスプリ以来のことだろう)、ある種懐かしいしとてもわかりやすい。

さてそんなエキシージ スポーツ350、今回の目玉は軽量化だ。これまでもエキシージSの車両重量は1180kgと、V6エンジンを搭載するスポーツカーとしては非常に軽量であったが(初代「ホンダNSX タイプR」の後期モデルでさえ1270kgだ)、スポーツ350では合計51kgにも及ぶ軽量化に成功し、その車重は1125kgとなった。1180kg-1125kg=55kgで、公式発表とはさらに4kgほどのズレがあるが、まぁそれもロータスらしさといえるのだろうか。ともかく、ひとつのモデルを50kg以上軽量化させるというのは一大事である。

ところで筆者がエキシージをして、“ミドルウェイトスポーツ”などという回りくどい呼び方をしたのには、もちろんワケがある。ロータスといえば現代水準でライトウェイトスポーツカーを作り続ける老舗であり、そのスピリットはエリーゼに受け継がれていると筆者は思っている。よって、より高い所得層へのアピールをするべくV6エンジンを搭載したエキシージ スポーツ350のカテゴリーを“ミドルウェイト”などと造語したわけだが(もっと気の利いた言い方があればそちらに従うつもりだ)、これを“フラッグシップスポーツ”としなかったのは、この上にエヴォーラ400が控えているからである。

軽い車体に過給機付き3.5リッターV6エンジンを搭載したロータスの「エキシージ」シリーズ。改良モデルの「エキシージ スポーツ350」は、2016年8月に日本に導入された。
軽い車体に過給機付き3.5リッターV6エンジンを搭載したロータスの「エキシージ」シリーズ。改良モデルの「エキシージ スポーツ350」は、2016年8月に日本に導入された。
インテリアの意匠に大きな変更はない。オープンゲートタイプとなったセンターコンソールが目を引く。
インテリアの意匠に大きな変更はない。オープンゲートタイプとなったセンターコンソールが目を引く。
テスト車には有償オプションの「アルカンタラパック」が採用されていた。同パックでは、バックスキン調素材の使われたスポーツシートの色を、黒ないし赤から選択できる。
テスト車には有償オプションの「アルカンタラパック」が採用されていた。同パックでは、バックスキン調素材の使われたスポーツシートの色を、黒ないし赤から選択できる。
「エキシージ スポーツ350」は従来モデルの「エキシージS」より、51kgの軽量化を実現している。
「エキシージ スポーツ350」は従来モデルの「エキシージS」より、51kgの軽量化を実現している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る