ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表

2016.10.14 自動車ニュース
新型「ホンダCR-V」
新型「ホンダCR-V」

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。

刷新されたエクステリアは、短いリアオーバーハングも特徴となる。
刷新されたエクステリアは、短いリアオーバーハングも特徴となる。
サスペンションは、フロント、リアともに「液封コンプライアンスブッシュ」を採用。
サスペンションは、フロント、リアともに「液封コンプライアンスブッシュ」を採用。
新型「CR-V」の室内空間。細くなったフロントピラーにより、前方視界が広くなっている。
新型「CR-V」の室内空間。細くなったフロントピラーにより、前方視界が広くなっている。
 
ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表の画像

米国で1997年にデビューして以来、CR-Vはホンダを代表するグローバルモデルに成長し、これまでに米国内で累計約400万台が販売されてきた。

5代目となる新型CR-Vは、従来の2.4リッター直噴DOHC i-VTECエンジンに加え、「EX」以上のグレードにはCR-Vとして初となる1.5リッター直噴ターボエンジンを搭載。空力性能を追求したボディーとの組み合わせにより、力強い走りと優れた燃費性能の両立が図られている。トランスミッションは全グレードとも、ホンダ独自の変速制御「G-Design Shift」を適用したCVTを搭載。「液封コンプライアンスブッシュ」を採用したフロントストラットサスペンションおよびリアマルチリンクサスペンションと相まって、上質で快適な乗り心地を実現したとうたわれる。

新型CR-Vは、内外装ともに全面的に刷新されている。エクステリアは、伸びやかなボンネットラインやロングホイールベース、短いリアオーバーハングにより、洗練され引き締まったデザインを表現。ウイング形状のLEDポジショニングライトやワイドに張り出したフェンダー、シャープで力強いフロントまわりなどにより、アグレッシブさも強調されている。前グレードに、17インチ、または18インチのアルミホイールが装着される。

一方、インテリアでは、後席の足元空間を従来モデル比で約5.3cm以上拡大し、室内空間とともにクラストップレベルの広さを実現した。また、フロントピラーを従来モデルに比べ細くし、前方視界の向上も図られている。スマートフォンの機能を車内でも便利に使える「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応するほか、GPS機器大手のガーミン社と共同で開発したナビゲーションシステムを搭載。さらに、ハンズフリーのパワーテールゲートをホンダとして初採用。車体後部下に設置されたセンサーに足をかざすだけで開閉操作ができ、両手が塞がった状態での荷物の積み下ろしが可能となり、利便性が大幅に向上している(「TOURING」グレードに標準設定)。

また、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」の搭載もトピックのひとつ。アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に渋滞追従機能が追加されるなど、従来モデルに比べてさらに機能が充実した。

新型CR-Vの北米での生産は、オハイオ州イーストリバティー工場とカナダ・オンタリオ工場に加え、今回初めてインディアナ工場でも行われる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る