生活デザインのイベントに、マツダが「MX-5 RF」を出展

2016.10.14 自動車ニュース
「マツダMX-5 RF」
「マツダMX-5 RF」

マツダは東京・赤坂の東京ミッドタウンで開催中の「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」(開催期間:2016年10月14日~11月6日)に出展し、「ロードスターRF」の北米仕様車ほかを展示した。

「MX-5 RF」に搭載される2リッター直列4気筒エンジンは、最高出力155psを発生する。
「MX-5 RF」に搭載される2リッター直列4気筒エンジンは、最高出力155psを発生する。
「マツダ・ルーチェ ロータリークーペ」は、日本で初めての三角窓を持たないハードトップ車として登場した。
「マツダ・ルーチェ ロータリークーペ」は、日本で初めての三角窓を持たないハードトップ車として登場した。
資生堂と共同開発されたSOUL of MOTION。会場では香りを体感することができる。
資生堂と共同開発されたSOUL of MOTION。会場では香りを体感することができる。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016は、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、生活の中のさまざまなものをデザインとして捉え、日常生活を豊かにすることを提案するイベント。マツダは今回で5年連続の出展となる。

マツダブースのテーマは、「Mazda Design Elegance(マツダデザインエレガンス)」。これに合わせて、今秋日本で予約・販売開始が予定されるロードスターRFの北米仕様車「MX-5 RF」と、1969年発売のマツダ初の前輪駆動車「ルーチェ ロータリークーペ」の、ともに流麗なクーペデザインを追求した2台のクルマが展示された。マツダ デザイン本部 ブランドスタイル統括部 主幹の田中秀昭氏は、「時代によってマツダのクルマのデザインは変化してきたが、美しいクルマをつくるという根底は変わっていない。ぜひ会場に足を運んで、実際に目にしてほしい」と語った。

また、視覚だけでなく感性に訴えるブランド体験を提供するため、資生堂とともに開発したというフレグランス(香水)「SOUL of MOTION」も展示される。マツダのデザインテーマ“魂動”の世界観を表現したというこのフレグランスは、香水瓶とアルミ製のケースのいずれもまったくつなぎ目が見えないようにつくられており、とくにアルミケースは金属加工産業で知られる新潟県・三条の職人が製作したという。

マツダによる展示の概要は以下の通り。
開催期間:2016年10月14日(金)~23日(日) 11時~19時
場所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン プラザ1F キャノピースクエア
料金:無料

10月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)には、「マツダデザインの歴史、デザイナーとエンジニアの共生」をテーマに、開発者によるトークセッションが行われる。各日とも13時と16時の2回実施される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターRFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る