クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジャガーFペースS(4WD/8AT)

Fペースは特上に限る 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。

えも言われぬ迫力

FペースSは、Fペースの高性能モデルである。Fペースにはラグジュアリー系のグレードとして、「ピュア」と「プレステージ」があり、スポーティー系として「Rスポーツ」と「S」がある。

Rスポーツは3リッターガソリンV6が340psにとどまるのに対して、Sはプラス40psの380psを得る。380psもの大パワーを持つSUV系スポーツカーはこのクラスだとそれほど多くない。ようするにFペースSは「ポルシェ・マカン」を仮想敵とするジャガーなのだ。

漆黒の試乗車は、Fペースをコンパクトに見せていた。「アルティメットブラック」と呼ばれるペイントはつや消しのようでもあり、レーダーを反射するステルス塗装のように……実のところ、よく知らないのですが、ともかくSF映画に出てくる戦闘マシンのようで、シンプルにカッコイイのだった。

巨大な20インチホイールがSの標準で、「Sボディーキット」と呼ばれる光りものでボディーを飾っているはずなのですけれど、試乗車はひとあじ違う。ラジエターグリルや窓枠など、本来は光っているはずのパーツがブラックになっている「ブラックパックS」というセットオプションが選択されているのだ。
まったくもってダース・ベイダーみたいな雰囲気なのである。

試乗車は最上級の「S」グレード。3リッターV6スーパーチャージドエンジンは「Rスポーツ」より40ps強力な380psを誇る。車両価格は981万円。
試乗車は最上級の「S」グレード。3リッターV6スーパーチャージドエンジンは「Rスポーツ」より40ps強力な380psを誇る。車両価格は981万円。 拡大
3リッターV6スーパーチャージドユニットは380psと450Nm(45.9kgm)を発生する。JC08モード燃費は10.1km/リッター。
3リッターV6スーパーチャージドユニットは380psと450Nm(45.9kgm)を発生する。JC08モード燃費は10.1km/リッター。 拡大
試乗車のボディーカラーは「アルティメットブラック」。ブラックフィニッシュのアルミホイールが足元を引き締め、ただならぬ迫力を醸し出している。
試乗車のボディーカラーは「アルティメットブラック」。ブラックフィニッシュのアルミホイールが足元を引き締め、ただならぬ迫力を醸し出している。 拡大
注目の記事PR
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
注目の記事一覧へ

まるでアメリカヒョウのごとし

まして試乗車は22インチという超巨大サイズのホイールを履いている。22インチはデカイっす。45の偏平タイヤが極めて薄っぺらく見える。しかもホイールがブラックフィニッシュで、タイヤかホイールか大八車か、判然としない黒い塊によって足元が覆われている。不穏な空気を漂わせるのは、ボディー黒/ホイール黒というコンビネーションにもある。黒い盤面に黒い針の腕時計があるけれど、あれの考え方と同種だろう。

ちなみにこの22インチホイールはオプションでどのグレードでも選ぶことができる。Sだと36万9000円だけれど、Rスポーツでも51万6000円、それ以外のグレードだと66万3000円もする高級品だ。これが20インチだと36万9000円だから、やっぱり22インチは飛び抜けて高価なのである。

しかしながら、それだけの、少なくとも視覚的な効果はある。でかいタイヤはクルマを凛々(りり)しく見せる。ましてホイールハウスに本来ゆとりのあるSUVはなおさら。でかいタイヤ&ホイール、どんと来いである。走ることが得意で、貧弱な足の動物はいない。FペースSのいでたちはまさにアメリカヒョウを思わせる野性味がある。

漆黒のドアを開けると、黒と赤2トーンの鮮やかなシートが目に飛び込んでくる。ラグジュアリー・スポーツカーのようなスポーティーかつ贅沢そうなシートである。ラグジュアリー・スポーツカーなのだから当たり前です。しかして、「パフォーレイテド・トーラスレザー・スポーツシート」という28万1000円のオプションなのであった。実のところ、標準シートとどう違うのか定かではないけれど、大人5人分のイスのエクストラコストだと思えば、ま、いいんじゃないでしょうか。

「赤と黒」はたぶん、小説のタイトルになるぐらい、西洋人にとって対照的な色なのだろうと推察する。筆者は何も知らない非西洋人であるわけだけれど、わけも知らずハッとして、グーだと思った。黒の中の赤は鮮烈な色の印象を残す。

試乗車には22インチのオプションホイールが装着されていた。「S」グレードの標準サイズは20インチ。
試乗車には22インチのオプションホイールが装着されていた。「S」グレードの標準サイズは20インチ。 拡大
ジェット(黒)とレッドで彩られた、まるでラグジュアリー・スポーツカーのような室内。
ジェット(黒)とレッドで彩られた、まるでラグジュアリー・スポーツカーのような室内。 拡大
「S」グレードの標準シートはトーラスレザーとスエードのコンビだが、試乗車にはオプションのパフォーレイテド・トーラスレザー・シートがおごられていた。
「S」グレードの標準シートはトーラスレザーとスエードのコンビだが、試乗車にはオプションのパフォーレイテド・トーラスレザー・シートがおごられていた。 拡大
リアシートには40:20:40の分割可倒機構が備わる。
リアシートには40:20:40の分割可倒機構が備わる。 拡大

これぞFペースの特上

スターターボタンを押して3リッターV6スーパーチャージドを目覚めさせる。低音のうなり声がフロントから聞こえてくる。もちろんアイドリング中は静かだけれど、走りだして低いギアで加速すると、野獣の雄たけびをあげる。

同じエンジンを積む35t Rスポーツで十分だと思っていたけれど、そうではなかった。V6スーパーチャージャーは遠慮なしに豪快なサウンドを発し、記憶の中の340ps版よりもよりスムーズにパワー&トルクを紡ぎ出す、ように思える。あるいは、一度経験した以上のパワー&トルクが湧き出てくることに、無意識に筆者の体が反応しているのかもしれない。

うな重の並と上と特上というメニューを見るたびに筆者はこう思うタイプである。特上は高いだけで味は同じである。上はうなぎの量が多いかもしれない。しかし、味は同じなのである、並と。

しかるにジャガーFペースの場合、並が2リッターディーゼル、340psの35t Rスポーツが上、380psのSが特上だとして、やっぱり特上がイイ! 特上に限ります。と申し上げるほかない。849万円出して35t Rスポーツが買える人は、981万円、あと130万円奮発してSを買った方がいい。中途半端が一番いけない、と申し上げたい。

動力性能は0-100km/hが5.5秒で、最高速は250km/h。
動力性能は0-100km/hが5.5秒で、最高速は250km/h。 拡大
メーターは12.3インチ液晶パネルに映し出される。4種類のグラフィックテーマが選べるほか、フルスクリーンの3Dマップビューも表示可能。
メーターは12.3インチ液晶パネルに映し出される。4種類のグラフィックテーマが選べるほか、フルスクリーンの3Dマップビューも表示可能。 拡大
トランスミッションはジャガーのスタンダードとなった感のある8段AT(ZFの8HP)。
トランスミッションはジャガーのスタンダードとなった感のある8段AT(ZFの8HP)。 拡大

豪快でしなやか

22インチにも負けないボディー剛性と電子制御の脚も、特上だけのことがある。Rスポーツではオプションの「アダプティブダイナミクス」という名の電子制御ダンパーをSは標準装備していて、どうやらこの電子制御ダンパーがせっせといい仕事をしてくれていると思われる。

終始一貫、硬めの乗り心地ではあるけれど、ドライバーの操作を1秒間に最大500回モニタリングすることによって電子制御ダンパーが最適に調整され、ボディーを平行に保って、操縦性と乗り心地という本来は相反する要素を向上させている。

極低速ではビッグでファットなタイヤを意識させるけれど、首都高速の目地段差をしなやかに越えてみせる。SUVのスポーツカーというジャガーのコンセプトを最もわかりやすく具現しているのがSである。

アクセルを踏み込めば、野獣の雄たけびをあげて爽快な加速を披露する。まことに胸がすく。おまけによく曲がる。トルク配分は前10対後ろ90を基本とする、ほとんど後輪駆動で、前後重量配分は50対50にごく近い。

Fペースは特上に限るね。

(文=今尾直樹/写真=小河原認)

「S」グレードには電子制御ダンパーの「アダプティブダイナミクス」が標準で備わる。
「S」グレードには電子制御ダンパーの「アダプティブダイナミクス」が標準で備わる。 拡大
フロントフェンダーに設けられた「サイドパワーベント」。「ブラックパックS」を選択すると、ご覧のとおりここもブラックに。
フロントフェンダーに設けられた「サイドパワーベント」。「ブラックパックS」を選択すると、ご覧のとおりここもブラックに。 拡大
「ブラックパックS」を選択すると、バンパーとディフューザー部もブラックになり、リアビューがぐっと引き締まる。
「ブラックパックS」を選択すると、バンパーとディフューザー部もブラックになり、リアビューがぐっと引き締まる。 拡大

テスト車のデータ

ジャガーFペースS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1935×1665mm
ホイールベース:2875mm
車重:1980kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー
トランスミッション:8段AT
最高出力:380ps(280kW)/6500rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/3500rpm
タイヤ:(前)265/40R22 106Y/(後)265/40R22 106Y(ピレリPゼロ)
燃費:10.1km/リッター(JC08モード)
価格:981万円/テスト車=1222万0124円
オプション装備:
メタリックペイント<アルティメットブラック>(10万2000円)/パーフォレイテド・トーラスレザー・スポーツシート(28万1000円)/アダプティブサーフェスレスポンス(3万円)/22インチDouble Helix 15スポーク(ブラックフィニッシュ)(36万9000円)/電動調整ステアリングコラム(6万5000円)/追加パワーソケット(0円)/レジャーアクティビティーキー(4万1000円)/キュイールグレイン・インストゥルメント・ストッパー(5万円)/イルミネーテッド・メタルトレッドプレート(Jaguarロゴ入り)およびトランク用メタルスカッフプレート(16万4000円)電動4ウェイランバー(6万2000円)/アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト、インテリジェントエマージェンシーブレーキ付き)(25万4000円)/ブラインドスポット・モニター(リバーストラフィックディテクション付き)(11万3000円)/プライバシーガラス(7万9000円)/プラクティカリーパック(6万8000円)/アドバンスド・パーキングアシストパック(22万9000円)/コールドクライメイトパック(14万円)/ブラックパックS(15万8000円) ※以下、販売店オプション プレミアムカーペットマットセット(ジェット)(4万8924円)/ラゲッジコンパートメント プレミアムカーペットマット(4万3200円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:5380km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:326.4km
使用燃料:44.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:7.3km/リッター(満タン法)/7.9km/リッター(車載燃費計計測値)

ジャガーFペースS
ジャガーFペースS 拡大
 
ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
Fペースジャガー試乗記

あなたにおすすめの記事