日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)

完成まであと一歩 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。

【総評】ミニバンの完成形だが、先進装備には不満……★★★☆☆<3>

“5ナンバーサイズミニバン最強モデル”を自任するだけに、さすがにきっちり仕上げてきたという印象である。室内空間、ユーティリティー、質感、乗り心地、燃費、運動性能など、いずれの項目でもライバルたちに負けていない。

限られたサイズの中では、スタイルも似通ってくる。価格の競争も激しく、どの項目を優先させるかが商品力を左右する。平均点を取りながら、どこかで突出した魅力を見せなければならない。デュアルバックドア、ハンズフリーオートスライドドアといった利便性を高める装備は、選択のカギを握る奥さま層からの支持を得そうだ。

シートアレンジも完成の域に達している。フロアには縦横にレールが走り、シートの位置を自由に決めることができる。かつて3列目はエマージェンシーの扱いで、ペラペラのシートにガマンして乗らなければならなかった。セレナの3列目シートは見事な出来栄えで、虐げられた席というイメージは払拭(ふっしょく)された。

ライバルたちを研究し尽くしただけのことはあり、このクラスのミニバンの中で確実なアドバンテージを得ていると思う。ただ、ひとつ残念なのが鳴り物入りで採用された「プロパイロット」だ。“同一車線自動運転技術”と称されるが、まだまだ熟成の余地は大きい。

高速道路での巡航と渋滞走行の負担軽減を目的としているが、長距離を走行してみるとむしろ疲労感が増した。高速コーナーでのハンドル支援はぎこちなくて心配になるし、渋滞時の追従走行はレスポンスが悪くて任せる気がしない。夕暮れ時に西に向かって走ると、たびたびカメラが動作しなくなった。「これはいいよ」と他人に勧めるのはためらわれる。ソフトウエアのアップデートで改善されることを期待したい。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

今回テストした最新型の「セレナ」は、5代目にあたるモデル。2016年8月24日に発売された。
今回テストした最新型の「セレナ」は、5代目にあたるモデル。2016年8月24日に発売された。
室内長は、先代比で180mm延長された。左右方向にも動かせる2列目シートを、写真のように中央に寄せておけば、最大690mmの前後スライドが可能。さらに、背もたれを倒すことなく3列目にアクセスできるようになる。
室内長は、先代比で180mm延長された。左右方向にも動かせる2列目シートを、写真のように中央に寄せておけば、最大690mmの前後スライドが可能。さらに、背もたれを倒すことなく3列目にアクセスできるようになる。
最上級グレード「ハイウェイスターG」のスライドドアには、下方に足先をかざすだけで開閉できる機能が備わる。両手がふさがっているときに便利。
最上級グレード「ハイウェイスターG」のスライドドアには、下方に足先をかざすだけで開閉できる機能が備わる。両手がふさがっているときに便利。
新型「セレナ」の目玉のひとつが、運転支援システム「プロパイロット」。先行車両との車間距離を一定に保ちながら、車線中央を走行するよう、ステアリング制御を行う。
新型「セレナ」の目玉のひとつが、運転支援システム「プロパイロット」。先行車両との車間距離を一定に保ちながら、車線中央を走行するよう、ステアリング制御を行う。
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)【試乗記】 2012.8.31 試乗記 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)
    ……360万450円

    マイナーチェンジで新しいハイブリッド技術「S-HYBRID」を採用した「日産セレナ」。「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれる、低コストの次世代マイクロハイブリッドを体験した。
  • より広く、より便利になった新型「日産セレナ」登場 2016.8.24 自動車ニュース 日産が主力ミニバンの新型「セレナ」を発売。5代目となる新型は、5ナンバークラスのボディーサイズを保ちつつ、さらに車内空間を拡大。利便性を高める「デュアルバックドア」や、先進の運転支援システム「プロパイロット」もトピックである。
  • フィアット500に“てんとう虫”をモチーフにした廉価な限定車が登場 2017.5.24 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る