シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)

本命は遅れてやってきた 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗した。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。

1.6リッターディーゼルを搭載

2010年に本国で発売され、日本にも翌11年に導入された現行型シトロエンC4だが、はっきり言ってその存在を忘れていた。思い出したのは15年夏。マイナーチェンジがあり、エンジンが、長らく使われてきたBMWと共同開発の1.6リッター直4および同ターボから、PSAオリジナルの1.2リッター直3ターボへと、トランスミッションがロボタイズド6段MTからコンベンショナルな6段ATへとそれぞれ変更された。この1.2リッターエンジンが優れもので、3気筒のくせに振動が少なく、静かで、十分なパワーがある。これを機にC4の印象がかなり向上した。

だが、本命の仕様は1年遅れでやってきた。待望のディーゼルエンジン搭載モデルが追加されたのだ。この夏、プジョー、シトロエン、DSのPSA各モデルの日本仕様に一気に1.6リッターと2リッターの直4ディーゼルターボエンジンが幅広く採用された。C4には1.6リッター版が載る。トランスミッションは1.2リッターガソリンモデルと同じ6段AT。フランスを走るフランス車は半分以上、感覚的にはほとんどがディーゼルだ。ようやくフランスを走っているようなフランス車に日本で乗ることができるようになったということになる。

BlueHDiとは、DPF(微粒子フィルター)とアドブルー(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)を持つ、PSAグループの最新ディーゼルエンジンの呼称。1.6リッターと2リッターがあり、「C4」には前者が搭載される。
BlueHDiとは、DPF(微粒子フィルター)とアドブルー(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)を持つ、PSAグループの最新ディーゼルエンジンの呼称。1.6リッターと2リッターがあり、「C4」には前者が搭載される。
1.6リッター直4 SOHCディーゼルターボユニットは120psと30.6kgmを生み出す。JC08モード燃費は20.2km/リッター。
1.6リッター直4 SOHCディーゼルターボユニットは120psと30.6kgmを生み出す。JC08モード燃費は20.2km/リッター。
ボディーカラーは全6色。試乗車の色は「グリ スピリット」。
ボディーカラーは全6色。試乗車の色は「グリ スピリット」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る