「レンジローバー イヴォーク」に赤と黒のコントラストが特徴の限定車

2016.10.17 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク エンバーリミテッドエディション」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク エンバーリミテッドエディション」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年10月17日、コンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「EMBER LIMITED EDITION(エンバーリミテッドエディション)」を発表した。5台のみの限定販売で、価格は905万円。同日から10月31日まで特設ウェブサイトで注文を受け付け、限定数を超えた場合には抽選となる。

 
「レンジローバー イヴォーク」に赤と黒のコントラストが特徴の限定車の画像

今回のエンバーリミテッドエディションは、2017年モデルの「HSEダイナミック」をベースにした特別仕様車。「EMBER」という言葉が意味する「燃えさし(木炭が燃えて赤くなっている部分)」の色を表現した、赤と黒のコントラストの効いた内外装が特徴である。世界で販売される限定600台のうち、5台が日本市場に導入される。

外装はプレミアムメタリックサントリーニブラックのボディーに、フィレンツェレッドのコントラストルーフが組み合わせられる。また、フロントとリアに配されるトウイングアイフィニッシャーもレッド仕上げとなる。

内装はピメントコントラストステッチをアクセントとした、オックスフォードレザーのエボニーシートや、グロスブラックストラータトリムのインテリアフィニッシャーズを採用。さらにパノラミックグラスルーフも装備しており、モダンで心地よいドライビング空間が提供されるという。

また、ブラインドスポットモニター、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告機能)、自動緊急ブレーキ、ACCキューアシスト機能、インテリジェントエマージェンシーブレーキアシストなどドライバー支援システムも充実。一方、リアバンパーの下で足先を軽く横に振るだけでテールゲートを操作できる、ハンズフリーパワーテールゲートや、10.2インチのタッチスクリーンを搭載したインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を搭載するなど、利便性も高められている。

主な特別装備は以下の通り。
・プレミアムサントリーニブラックのボディーに、フィレンツェレッドのコントラストルーフおよびトウイングアイフィニッシャーの組み合わせ
・フロントおよびリアのナルヴィクブラックインナー
・20インチスタイル507のサテンブラックアロイホイール
・パノラミックグラスルーフ(固定式、電動サンブラインド付き)
・ピメントコントラストステッチを施したエボニーレザーシート
・グロスブラックストラータトリムのインテリアフィニッシャーズ
・フロントシートヒーター&クーラーおよびリアシートヒーター
・10.2インチの最新インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」
・ハンズフリーパワーテールゲート
・ドライバーの運転操作や路面に対応しながらダンパーのセッティングを瞬時に調整する、アダプティブダイナミクス(ダイナミックモード付き)
・ブラインドスポットモニター(クロージングビークルモニター付き)およびリバーストラフィックディテクション
・レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキ
・ACC(アダブティブクルーズコントロール)キューアシスト機能、インテリジェントエマージェンシーブレーキアシスト

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォークランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る