ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)

ますますちょうどいい 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。

キープコンセプトのまま一新

ホンダの人気コンパクトミニバン、フリードが8年ぶりにモデルチェンジした。テレビコマーシャルのBGMはファレル・ウィリアムスの「ハッピー」。世界中でそのミュージックビデオをまねた自作動画が作られて話題になったダンスミュージックだ。「ちょうどいい」と言っていたジョン・レノン ジュニア(一応、ミュージシャン)はどうなったのだろう。

「フィット」顔になったフロントや、スカした切れ込みの入ったリアスタイルは、ひとめで新型とわかるが、ボディーサイズはほとんど変わっていない。フィットより30cm長い敷地に、最大3列7人乗りのシートを配したハイトなキャビンを持つ。

プラットフォーム(車台)は新設計だが、1.5リッターのハイブリッドと、純ガソリン1.5リッターの2本立てというラインナップはこれまで通りである。といっても、先代のキャリーオーバーではなく、両方ともエンジンは「シャトル」と同じ直噴4バルブDOHCの新世代i-VTECである。
今度の「ステップワゴン」は1.5リッター4気筒ターボへいわゆるダウンサイジングターボ化された。それにならって、フリードには新しい1リッター3気筒ターボが搭載される、といううわさがあったが、発表会では3気筒のサの字も出なかった。

今回試乗したのは、ハイブリッドではないフリードの上級モデル「G Honda SENSING」の7人乗り(212万2000円)。プレス試乗会に先立って、これだけが広報車として準備できたという知らせを受けての初モノ試乗である。

ミニバンでありながら、ドライバーズカーらしいたたずまいも追求したという新型「フリード」。シャープなキャラクターラインが目を引く。
フロントまわり。近年ホンダ車のアイデンティティーとなっている「ソリッド・ウイング・フェイス」が与えられる。
コックピット周辺の様子。天地に薄いメーターパネルや大きな三角窓がもたらす視界のよさがセリングポイント。

2016年9月に発売された、2代目「フリード」。6人乗りまたは7人乗りの3列シートを装備する。ほかに、福祉車両や2列シート仕様の「フリード+」もラインナップされるなど、バリエーションは豊か。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フリードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る