クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)

ますますちょうどいい 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。

キープコンセプトのまま一新

ホンダの人気コンパクトミニバン、フリードが8年ぶりにモデルチェンジした。テレビコマーシャルのBGMはファレル・ウィリアムスの「ハッピー」。世界中でそのミュージックビデオをまねた自作動画が作られて話題になったダンスミュージックだ。「ちょうどいい」と言っていたジョン・レノン ジュニア(一応、ミュージシャン)はどうなったのだろう。

「フィット」顔になったフロントや、スカした切れ込みの入ったリアスタイルは、ひとめで新型とわかるが、ボディーサイズはほとんど変わっていない。フィットより30cm長い敷地に、最大3列7人乗りのシートを配したハイトなキャビンを持つ。

プラットフォーム(車台)は新設計だが、1.5リッターのハイブリッドと、純ガソリン1.5リッターの2本立てというラインナップはこれまで通りである。といっても、先代のキャリーオーバーではなく、両方ともエンジンは「シャトル」と同じ直噴4バルブDOHCの新世代i-VTECである。
今度の「ステップワゴン」は1.5リッター4気筒ターボへいわゆるダウンサイジングターボ化された。それにならって、フリードには新しい1リッター3気筒ターボが搭載される、といううわさがあったが、発表会では3気筒のサの字も出なかった。

今回試乗したのは、ハイブリッドではないフリードの上級モデル「G Honda SENSING」の7人乗り(212万2000円)。プレス試乗会に先立って、これだけが広報車として準備できたという知らせを受けての初モノ試乗である。

ミニバンでありながら、ドライバーズカーらしいたたずまいも追求したという新型「フリード」。シャープなキャラクターラインが目を引く。
ミニバンでありながら、ドライバーズカーらしいたたずまいも追求したという新型「フリード」。シャープなキャラクターラインが目を引く。 拡大
フロントまわり。近年ホンダ車のアイデンティティーとなっている「ソリッド・ウイング・フェイス」が与えられる。
フロントまわり。近年ホンダ車のアイデンティティーとなっている「ソリッド・ウイング・フェイス」が与えられる。 拡大
コックピット周辺の様子。天地に薄いメーターパネルや大きな三角窓がもたらす視界のよさがセリングポイント。
コックピット周辺の様子。天地に薄いメーターパネルや大きな三角窓がもたらす視界のよさがセリングポイント。 拡大

2016年9月に発売された、2代目「フリード」。6人乗りまたは7人乗りの3列シートを装備する。ほかに、福祉車両や2列シート仕様の「フリード+」もラインナップされるなど、バリエーションは豊か。


	2016年9月に発売された、2代目「フリード」。6人乗りまたは7人乗りの3列シートを装備する。ほかに、福祉車両や2列シート仕様の「フリード+」もラインナップされるなど、バリエーションは豊か。
	拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

キビキビ走るガソリン車

先代モデル中盤にハイブリッドが出てから、フリードのメインはハイブリッドである。新型でも受注の過半数がハイブリッドだという。

ちなみに、FFのG Honda SENSING 7人乗り同士で比べると、ハイブリッドは約40万円高い。一方、JC08モード燃費は、26.6km/リッター対19.0km/リッターで、ハイブリッドのほうが4割いい。これだけ燃料価格が低値で安定していても、みなさんハイブリッドをお選びになります、というわけだ。

つまりナマエンジンのフリードは少数派なのだが、まったく不満なしである。先代より13psアップした131psのパワーは十分以上で、こう見えてけっこう速い。CVTだから、ムチを入れると高回転に張りつくが、雑味なくよく回る。山道ではパドルシフトがあってもいいかなと感じるようなエンジンである。

パワートレインやエアコンを省燃費モードにする“ECON”スイッチが付いているが、試乗中はオンのままで、なんら不都合はなかった。ハイブリッドには乗っていないから、比べようはないが、シャトルのエンジンを思い出すと、キビキビ感はむしろこちらのほうが上かもしれない。
2日間で約270kmを走り、燃費は満タン法で13.6km/リッターだった。

新型「フリード」は、乗車人数に関わらず安定感のある走りを実現すべく、リアサスペンションおよびその取り付け部の剛性が高められている。
新型「フリード」は、乗車人数に関わらず安定感のある走りを実現すべく、リアサスペンションおよびその取り付け部の剛性が高められている。 拡大
テスト車「フリードG Honda SENSING」の1.5リッター直4直噴エンジン。アイドリングストップ機構が備わる。
テスト車「フリードG Honda SENSING」の1.5リッター直4直噴エンジン。アイドリングストップ機構が備わる。 拡大

運転席と助手席の間は、ウオークスルー可能。シートの座面幅はそのままに、左右シート間の距離(150mm)は、先代より50mm拡大されている。


	運転席と助手席の間は、ウオークスルー可能。シートの座面幅はそのままに、左右シート間の距離(150mm)は、先代より50mm拡大されている。
	拡大
テスト車を含む一部グレードには、衝突被害軽減ブレーキや車線維持支援システムなどがセットになった安全装備「Honda SENSING」が搭載される。写真のように、道路標識をカメラで認識して内容をメーターパネルに表示する機能も。
テスト車を含む一部グレードには、衝突被害軽減ブレーキや車線維持支援システムなどがセットになった安全装備「Honda SENSING」が搭載される。写真のように、道路標識をカメラで認識して内容をメーターパネルに表示する機能も。 拡大

座面の低さが気になる

フリードの販売は6人乗りが7割以上を占めるという。イエローナンバーに対する白ナンバーミニバンの最後の砦(とりで)ともいうべきキャプテンシートを2列目に据えるモデルだ。

試乗車は、2列目席が分割可倒式ベンチシートになる7人乗り。フリードでこれを選ぶのは、主にセカンドシートをベビールームとして活用したい人だという。前後に10cmほどスライドするから、レッグルームは広く取れるが、座面は低めだ。もう少しイスの脚を長くしたほうがゆったり座れるはずだが、そうしなかったのは、ママさんが作業をしやすいようにという配慮なのだろうか。

4.3mの全長を考えると、3列目席のレッグルームは健闘している。見晴らしも悪くないが、イスの脚はさらに短くなって、大人だとほとんど体育座りの感じになる。

7人乗りのメリットは、2列目、3列目のシートを片づけて、広い荷室が取れることである。大きなオフロード自転車を入れてみた。低床で荷室の天地もたっぷりあるから、積み降ろしはラクだが、フリード伝統の(?)左右側壁に吊るすサードシートは、間口を狭くしている。いまや強敵になった「トヨタ・シエンタ」は、本来、ホンダのオハコの床下ダイブダウン方式を採用し、正味で広い空間を作っている。と、比較テストでは指摘されるだろう。

7人乗り仕様車の2列目は、3人掛けのベンチタイプ。60:40の分割式で、それぞれ前後にスライド調節できる。
7人乗り仕様車の2列目は、3人掛けのベンチタイプ。60:40の分割式で、それぞれ前後にスライド調節できる。 拡大
3列目シートの定員は2人。収納の際は、中央から分割し、それぞれ側方に向かって跳ね上げる。
3列目シートの定員は2人。収納の際は、中央から分割し、それぞれ側方に向かって跳ね上げる。 拡大
ヘッドレストを外した2列目シートを寝かせて3列目とつなげれば、写真のような空間が作り出せる。1列目と2列目でも、同様のシートアレンジが可能。
ヘッドレストを外した2列目シートを寝かせて3列目とつなげれば、写真のような空間が作り出せる。1列目と2列目でも、同様のシートアレンジが可能。 拡大
縦1110mm、横1080mmの開口部を持つ荷室。3列目と2列目のシートを畳むことで、積載容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
縦1110mm、横1080mmの開口部を持つ荷室。3列目と2列目のシートを畳むことで、積載容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます) 拡大

好感の持てるやつ

テレビのCMでも、カタログの表紙でも、今度のフリードは上から撮影している。屋根のほうへ大きく食い込んだフロントウィンドウを見せるためだ。イメージカラーはブルーだし、「シトロエンC4ピカソ」のような大空が見えるミニバンになったのか!? と思ったら、それほどでもなかった。

たしかに先代よりも上方視界のきくクルマになったが、C4ピカソのように極端ではない。夏は炎熱地獄になる国なのだから、それで正解だ。延長分のガラスには濃いアンバーの日射対策も施されている。

上だけでなく、前方の視界も広い。ウエストラインが低いので、真横の直近もよく見える。おかげで、運転しやすい。邪魔にならない5ナンバーミニバンというキャラクターは変わっていない。

内装はベージュで、ダッシュボードには白木のような風合いの樹脂パネルが貼られている。触るとソフトで、見た目にも清潔だ。こういう落ち着いた雰囲気のインテリアは、軽のミニバンではまねできないところである。
ノンハイブリッドの7人乗りという、フリードとしてはマイノリティーなグレードだったが、乗っているとプレーンな感じがして好感が持てた。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸)

新型「フリード」のボディーカラーは、テスト車の「モダンスティールメタリック」を含む全9色が設定されている。
新型「フリード」のボディーカラーは、テスト車の「モダンスティールメタリック」を含む全9色が設定されている。 拡大
ルームミラーの上部には、運転席から室内が見渡せる確認用ミラーが装着される。
ルームミラーの上部には、運転席から室内が見渡せる確認用ミラーが装着される。 拡大
マットな木目調パネルは、インテリアの特徴のひとつ。心地よい室内空間を演出する。
マットな木目調パネルは、インテリアの特徴のひとつ。心地よい室内空間を演出する。 拡大
今回のテストでは、高速道路主体で267.1kmを走行。満タン法で13.6km/リッター、車載のドライブコンピューター上で14.9km/リッターの燃費を記録した。
今回のテストでは、高速道路主体で267.1kmを走行。満タン法で13.6km/リッター、車載のドライブコンピューター上で14.9km/リッターの燃費を記録した。 拡大

テスト車のデータ

ホンダ・フリードG Honda SENSING

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1695×1710mm
ホイールベース:2740mm
車重:1360kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:131ps(96kW)/6600rpm
最大トルク:15.8kgm(155Nm)/4600rpm
タイヤ:(前)185/65R15 88S/(後)185/65R15 88S(ダンロップ・エナセーブEC300)
燃費:19.0km/リッター(JC08モード)
価格:212万1600円/テスト車=249万1886円
オプション装備:ナビ装着用スペシャルパッケージ<ETC付き>+コンフォートビューパッケージ+LEDヘッドライト+アクティブコーナリングライト+Cパッケージ+2列目ベンチシート(16万2000円) ※以下、販売店オプション Honda純正ナビゲーションシステム<スタンダードインターナビ>(17万0486円)/フロアカーペットマット<プレミアムタイプ>(3万7800円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:986km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1) 
テスト距離:267.1km
使用燃料:19.7リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:13.6km/リッター(満タン法)/14.9km/リッター(車載燃費計計測値)

ホンダ・フリードG Honda SENSING
ホンダ・フリードG Honda SENSING 拡大
ドライバー側のダッシュボードには、ふた付きの小物入れスペースが用意される。
ドライバー側のダッシュボードには、ふた付きの小物入れスペースが用意される。 拡大
ステアリングホイールの右側スポークにはクルーズコントロールのスイッチが、左側スポークにはインフォテインメントシステムの操作スイッチがレイアウトされる。
ステアリングホイールの右側スポークにはクルーズコントロールのスイッチが、左側スポークにはインフォテインメントシステムの操作スイッチがレイアウトされる。 拡大
センターコンソールの下方から引き出して使う、前席用のセンターテーブル。耐荷重は3kg。
センターコンソールの下方から引き出して使う、前席用のセンターテーブル。耐荷重は3kg。 拡大
スライドドアの開口幅は665mm。先代比で20mmh広がった。
スライドドアの開口幅は665mm。先代比で20mmh広がった。 拡大

関連キーワード:
フリードホンダHonda SENSING試乗記

あなたにおすすめの記事