第373回:ドライとウエットとスノーを同時に体験!?
グッドイヤーのオールシーズンタイヤを試す

2016.10.20 エッセイ
スノー路面を走る、「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「トヨタ・プリウス」。

富士スピードウェイのショートサーキットで、ドライとウエット、そしてスノー路面を一度に体験。グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」と、2017年発売予定の、新しいフラッグシップタイヤを試す。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。2016年8月にサイズ数が大幅に拡充され、同時に名前も「ベクター4シーズンズ」から現在のものに改められた。
サイドウオールに施された「SNOWマーク」。日本で冬用タイヤとして認められている証しだ。
「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」の製品説明と、今後の戦略を語る日本グッドイヤーの金原雄次郎代表取締役社長。

富士スピードウェイで雪上試乗!?

これまでまるで縁のなかった“オールシーズンタイヤ”だが、今年2月、特設コースでの雪上試乗会に参加したり、また、オールシーズンタイヤを装着したSUVを一般道で試乗したりするうちに、どんどん興味が強まってきた。

オールシーズンタイヤは、サマータイヤとほぼ遜色ないドライ、ウエット性能を備える一方、雪道ではスタッドレスタイヤに近い走行性能を発揮するのが特徴。冬のあいだ、道路がずっと雪や氷に覆われる降雪地域ならスタッドレスタイヤが必須だが、東京のようにシーズンに数度の雪なら、このオールシーズンタイヤでも十分に対応が可能であるし、そのまま夏も履き続けられる。タイヤ交換の手間やタイヤの保管場所、トータルのコストなどを考えると、むしろスタッドレスタイヤよりもオススメかもしれない。

そんなオールシーズンタイヤの試乗会が10月の富士スピードウェイで開かれると聞き興味津々。しかも、ドライ、ウエットに加えて、雪上でもその性能を試すことができるという。テストするのは件(くだん)の試乗会でチェックしたグッドイヤーのベクター4シーズンズ ハイブリッド。「これは面白そう!」ということで、われわれ取材班は東名集中工事を駆け抜け、御殿場インターから富士スピードウェイ(FSW)のショートサーキットを目指した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ