ホンダ、南米市場向けの新型SUV「WR-V」のスケッチを公開

2016.10.18 自動車ニュース

本田技研工業のブラジルにおける四輪車の生産販売子会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは2016年10月17日(現地時間)、南米市場向けの新型コンパクトSUV「WR-V」市販予定車のスケッチを初公開した。


WR-VはホンダR&Dブラジルで開発されたモデルで、アクティブに生活を楽しむユーザーが求める、タフでありながら都会的なSUVデザインと、高いユーティリティーをコンパクトなボディーサイズで実現したとアピールされる。WR-Vは「Winsome Runabout Vehicle」の略であり、Winsomeは「魅力的な、愛嬌(あいきょう)のある」という意味を持つ。2016年サンパウロ国際モーターショー(プレスデー:11月8日〜9日、一般公開日:11月10日〜20日)でのワールドプレミアが予定されている。

(webCG)
 

「ホンダWR-V」
「ホンダWR-V」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。