走りのパフォーマンスを高めた新グレード「スバルBRZ GT」が登場

2016.10.18 自動車ニュース
「スバルBRZ GT」
「スバルBRZ GT」

富士重工業は2016年10月18日、「スバルBRZ」のラインナップに、新たな最上級グレード「GT」を追加設定し、同年11月7日に発売すると発表した。

17インチアルミホイールと、ブレンボ製ブレーキを装備する。
17インチアルミホイールと、ブレンボ製ブレーキを装備する。
アルカンターラと本皮のコンビシートは、フロントシートヒーターも備えている。
アルカンターラと本皮のコンビシートは、フロントシートヒーターも備えている。

今回のGTは、走りのパフォーマンスと質感の向上が図られた、BRZの最上級グレード。2016年7月のマイナーチェンジ発表の際に、同年秋の発売がアナウンスされていた。ZF製のザックスダンパーやブレンボ製ブレーキ、専用17インチアルミホイールを装備し、操縦安定性が高められている。

主な特別装備は以下の通り。
・ZF製ザックスダンパー
・ブレンボ製17インチ対向4ポット フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
・ブレンボ製17インチ対向2ポット リアベンチレーテッドディスクブレーキ
・17インチアルミホイール (スーパーブラックハイラスター)
・リアスポイラー
・アルカンターラ/本革シート(フロントシートヒーター付き)

価格は6段MT仕様が331万5600円、6段AT仕様が337万5000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る