走りのパフォーマンスを高めた新グレード「スバルBRZ GT」が登場

2016.10.18 自動車ニュース
「スバルBRZ GT」
「スバルBRZ GT」 拡大

富士重工業は2016年10月18日、「スバルBRZ」のラインナップに、新たな最上級グレード「GT」を追加設定し、同年11月7日に発売すると発表した。

17インチアルミホイールと、ブレンボ製ブレーキを装備する。
17インチアルミホイールと、ブレンボ製ブレーキを装備する。 拡大
アルカンターラと本皮のコンビシートは、フロントシートヒーターも備えている。
アルカンターラと本皮のコンビシートは、フロントシートヒーターも備えている。 拡大

今回のGTは、走りのパフォーマンスと質感の向上が図られた、BRZの最上級グレード。2016年7月のマイナーチェンジ発表の際に、同年秋の発売がアナウンスされていた。ZF製のザックスダンパーやブレンボ製ブレーキ、専用17インチアルミホイールを装備し、操縦安定性が高められている。

主な特別装備は以下の通り。
・ZF製ザックスダンパー
・ブレンボ製17インチ対向4ポット フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
・ブレンボ製17インチ対向2ポット リアベンチレーテッドディスクブレーキ
・17インチアルミホイール (スーパーブラックハイラスター)
・リアスポイラー
・アルカンターラ/本革シート(フロントシートヒーター付き)

価格は6段MT仕様が331万5600円、6段AT仕様が337万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
BRZスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る