フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)

アウトバーンの国の実用車 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。

ドイツの人はクロームがお好き

とても乗り心地の硬いパサートである。というのが第一印象であった。ボディーの内外は燦然(さんぜん)と輝くクロームが多くて、戦前の“グロッサー・メルセデス”を思わせる。というのは大げさにしても、ドイツ人はクローム好きだった、ということをあらためて教えてくれる。

クロームの塊のような足元、巨大な19インチのアルミホイールを見てください。ピカピカである。カリフォルニアのある種のホットロッド趣味のようだ。ルーフレールの光り具合もイイ。ボディーのサイドの下の方にもクロームのパーツが貼ってあって、これらが伸びやかなステーションワゴン・ボディーを強調している。

ブラインドテストであれば、筆者はアウディであると信じただろう。ボンネットの面の張り具合や、ボディーの真横を走るリップ付きのラインが利いている。とりわけ段付きのラインは影がラインの下にできて全体をシャープに見せる。陰影礼賛である。

2016年9月6日に追加発売となったパサート2.0TSI Rラインは、これまでほかのグレードと同じ1.4ターボであるにすぎなかった、その意味ではカッコだけスポーティー派だったRラインに、ゴルフGTIのホットな心臓を移植したリアル・スポーティネス充実パサートである。排気量2リッターにターボチャージャーを備えて、最高出力220ps/4500-6200rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4400rpmを発生する高性能ユニットを得たのである。

車重1390kgのゴルフGTIに比べて、Rラインのヴァリアントはカタログ値で幕内力士ひとり分の170kg重い。ちょっと大きなボディーのゴルフGTIである。といってよいのかどうか、そのステーションワゴン版であるヴァリアントに乗ってみた。

まずもって外観は、すでに「1.4TSI」で登場しているスポーティーなRラインをベースにしている。この手の文法通りに専用の前後のバンパー、リアのスポイラー、サイドスカートを装着するわけである。けれど、その文法が正しいかどうかは問題ではなくて、問題はカッコイイかどうかである。

「Rライン」には縦桟入りのきらびやかなフロントグリルや、専用デザインの前後バンパー、リアスポイラー、サイドスカートなどの空力パーツが装備される。
「Rライン」には縦桟入りのきらびやかなフロントグリルや、専用デザインの前後バンパー、リアスポイラー、サイドスカートなどの空力パーツが装備される。
フラットボトムのステアリングホイールやアルミ製のペダル、シルバーカーボン調の装飾パネルなどが特徴のインテリア。内装色はブラックのみとなる。
フラットボトムのステアリングホイールやアルミ製のペダル、シルバーカーボン調の装飾パネルなどが特徴のインテリア。内装色はブラックのみとなる。
エンジンは「ゴルフGTI」ゆずりの2リッター直4ガソリンターボで、6段デュアルクラッチ式ATと組み合わされる。最高出力は220ps、最大トルクは35.7kgmを発生する。
エンジンは「ゴルフGTI」ゆずりの2リッター直4ガソリンターボで、6段デュアルクラッチ式ATと組み合わされる。最高出力は220ps、最大トルクは35.7kgmを発生する。
ボディーカラーには有償色を含め全6色を設定。テスト車には「ナイトブルーメタリック」が用いられていた。
ボディーカラーには有償色を含め全6色を設定。テスト車には「ナイトブルーメタリック」が用いられていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートヴァリアントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る