第376回:持続可能なモビリティーの実現に向けて
仏ミシュランの新しい研究施設「RDIキャンパス」を訪問する

2016.11.08 エッセイ
ラドゥ・テクノロジー・センター内に建設された新研究棟「RDIキャンパス」の外観。

フランスのタイヤメーカー、ミシュランは去る9月、新しい研究施設である「RDIキャンパス」をお披露目した。同社の研究開発拠点であるラドゥ・テクノロジー・センター内に建設されたRDIキャンパスは、各研究部署の連携を強化すると同時に、開発の効率化を図ろうとするもの。持続可能なモビリティーの実現に向けて、ミシュランは大きな一歩を踏み出した。

「RDIキャンパス」のエントランス。(写真=大谷達也)
各研究部署はこれまでラドゥの広大な敷地の中に点在していた。それを集約するのが「RDIキャンパス」建設の目的だ。
20カ所以上におよんでいた研究部署を1カ所にまとめた。また、床面積が300平方メートルにもなる部屋を80も用意し、各プロジェクトチームが一体となって開発に取り組める環境も整えた。

約70年前から省燃費タイヤを開発

ミシュランには、こんな逸話が残されている。
ドイツ占領下にあった第2次世界大戦中のフランスで、ミシュランはタイヤメーカーとしての操業を取りやめ、薪(まき)ストーブを作っていた。タイヤを作れば、間接的にナチス政権にくみするので、それはできない。しかし、タイヤを生産しないでフランス国民の役に立つには、どうすればいいのか? 燃料不足の戦時中、冬の寒さをしのぐには薪ストーブが最も好都合。薪ストーブ作りは、そんな一般市民の視点に立っての判断だったのではないかと私は想像する。

1889年に設立され、第2次世界大戦中にはすでにタイヤメーカーとしての名声を確立していたミシュランの操業停止をどうしてヒトラーが見逃したのかは疑問の残るところだが、ミシュランの本拠地であるフランス・クレルモンフェランの「ラバンチュール・ミシュラン」という同社の足跡を示す博物館には、当時ミシュランが生産していた薪ストーブがいまも残されている。逸話はフィクションではなく、真実なのだ。

しかし、当時のミシュランと現代の私たちをつなぐ意外なストーリーは、この裏側に隠されている。ミシュランは薪ストーブを生産するいっぽうで、技術者を集めた別組織を立ち上げ、そこで次世代タイヤをひそかに開発していたのだ。ここで得られた知見をもとに戦後発売されることになるのが、「ミシュランX」と名付けられた世界初のラジアルタイヤだった。

グリップ力や耐久性の向上に役立つとされるラジアルタイヤだが、ミシュランは当初より燃費性能の改善に着目していた。繊維や金属で編んだカーカスがサイドウォールに何層にも重なっているバイアスタイヤは、サイドウォールがたわむたびにカーカス同士がこすれあい、熱を発生する。熱の発生はエネルギーのロスに通じる。これはすなわち転がり抵抗の増加を招き、燃費の悪化に直結する。

ミシュランが考案したラジアルタイヤは、サイドウォールを支えるケーシングレイヤーとトレッドを補強するカーカスを分離、サイドウォールがたわんでも摩擦熱が発生しにくい構造とすることで、転がり抵抗の低減を狙ったものだった。つまり、ミシュランは70年近くも前から省燃費タイヤの開発に取り組んでいたのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ