第472回:本場イタリアでも話題の新車
「124スパイダー」の販売現場を突撃取材

2016.10.21 エッセイ

ひさびさのオープンモデルに興奮

イタリアは、夏休みの期間が終了して、ほぼひと月。自動車の販売が再び上向きになる時期を迎えた。

先日、わが街のFCAディーラーに、冷やかしに寄ったときのことである。
ボクの仕事を知る熟練セールスマンのフランチェスコ・タッデオ氏は、ボクを見つけるやいなや、「はい、写真撮って撮って!」と笑いながら言った。いつになく興奮していた。

何かと思えば、店内に展示されている「アバルト124スパイダー」のことだった。
以前記したように、イタリア本国でも、これまで専売ディーラーだけで販売されていたアバルト車が、少し前から全国のFCAディーラーで扱われるようになった。目下、彼が働くショールームにおいて、アバルト124スパイダーは最新のアイキャッチなのである。

イタリアでは、新生フィアット124スパイダー/アバルト124スパイダーは2016年6月初旬に発表された。「クライスラー200」をベースとした「ランチア・フラヴィア」(2012~2013年に販売)を除けば、2010年に生産終了した「アルファ・ロメオ・スパイダー」以来となる、久々のオープンモデルだ。

エンジンは日本仕様と同じく、1.4リッターターボ「マルチエア」170psのみ。6段のMTとATが用意されているのも、日本仕様と同じだ。

2016年10月中旬、筆者が住むシエナのFCAディーラー「スコッティ」にて。「アバルト124スパイダー」(写真右)が「フィアット500」と並んで展示されていた。
2016年10月中旬、筆者が住むシエナのFCAディーラー「スコッティ」にて。「アバルト124スパイダー」(写真右)が「フィアット500」と並んで展示されていた。
ひと目でわかるフィアット版とアバルト版との違いは、後者のマフラーエンドが4本出しになること。写真左奥に見えるのは、日本未導入の「フィアット500L」。
ひと目でわかるフィアット版とアバルト版との違いは、後者のマフラーエンドが4本出しになること。写真左奥に見えるのは、日本未導入の「フィアット500L」。
「フィアット124スパイダー」では高級仕様「ルッソ」限定のレザーシートが、アバルト版(写真)では標準。アルカンターラも多用されている。
「フィアット124スパイダー」では高級仕様「ルッソ」限定のレザーシートが、アバルト版(写真)では標準。アルカンターラも多用されている。
運転席と助手席の間には、製造ナンバーのプレートが。この展示車は296番。
運転席と助手席の間には、製造ナンバーのプレートが。この展示車は296番。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。