フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)

幸せを呼ぶクルマ 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。


進化した現代版「ワーゲン」

幼少期に「ビートルを見ると幸せになる」という言い伝えがあった。「ビートルを3台見たら……」だったかもしれない。当時はビートルではなく「ワーゲン」と呼んでいた。なぜ幸せをもたらすのがビートルだったのか、当時は考えたこともなかったが、今考えると、きっと独特の丸いフォルムは特徴的で、親しみやすく、子供にも認識しやすかったのだろう。それに多すぎず少なすぎず、ちょうどよい頻度だったのもあるのではないか。日本車だとどれも似通っていて子供には見分けがつかない。「『カローラII』を見たら幸せになれる」だったとしても、カローラII と思って近づいた子供が「ターセル」や「コルサ」というエンブレムを見て、悲嘆に暮れることになるのではないか。

日本以外にもそういう言い伝えがあったかどうかわからないが、世界中で売れまくって老若男女に愛されたビートルの現代版が、ザ・ビートルだ。もはや物理的にその必要はまったくないにもかかわらず、昔のクルマと今のクルマの過渡期にあるような、タイヤを覆うフェンダーが残ったスタイリングを踏襲している。そして全体のフォルムは丸い。これはもう約束事なので変えるわけにはいかない。とはいえ大きくデフォルメされた先代のニュービートルよりは、なんというかまじめにクルマしていて、男性も「おっ、これなら乗りたいな」と思えるスタイリングをまとっている。2012年の日本上陸から4年半たって、このたびマイナーチェンジした。

細かいスペックを含め、1.2リッター直4ターボと7段AT(デュアルクラッチ・トランスミッション)、2リッター直4ターボと6段AT(同)という2種類のパワートレインに変更はない。2リッターターボ版は従来「ターボ」というグレード名だったが、新型では「2.0 R-Line」に変更された。従来は水平に大きく開いていたフロントバンパーの開口部が、新型では3分割されたほか、リアバンパーの形状もわずかに変わった。ただ全体的に見れば、すでに持っている人がほぞをかむほど大きく変わったわけではない。

新型「ザ・ビートル」には、「ベース」「デザイン」「2.0 R-Line」の3グレードが設定される。


	新型「ザ・ビートル」には、「ベース」「デザイン」「2.0 R-Line」の3グレードが設定される。
ボディーカラーは全8色と豊富に用意されている。写真は新色のボトルグリーンメタリック。
ボディーカラーは全8色と豊富に用意されている。写真は新色のボトルグリーンメタリック。
初代「ビートル」のデザインを踏襲した、個性的なスタイル。
初代「ビートル」のデザインを踏襲した、個性的なスタイル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る