【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1500-4100rpm)/価格=263万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション【試乗記】

スティーブは褒めてくれる 2011.10.23 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション
……263万円

一部装備を見直し、グレード名も変更された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。自動車のスタンダードで居続けるゴルフにあらためて試乗し、思ったこととは。

1974年以来のスタンダード

1980年当時、スティーブ・ジョブズの愛車は「ポルシェ928」だった。新しいパーソナルコンピューターの構想を練っていた彼は、「Macの筐体(きょうたい)はフォルクスワーゲンではなく、ポルシェのようであるべきだ」と語ったという。

この時、ジョブズはまだ25歳の血気盛んな若者だった。後年の透徹したビジョンを手に入れてはおらず、試行錯誤の中にいたのだ。才能にあふれ、新しいものを作り出そうと意欲を燃やしていた青年は、1977年に発売されたばかりの新世代ポルシェに未来を見ていた。パーソナルコンピューターの世界で独創的な操作方法を持つ画期的な製品を世に出そうと苦闘していた時期であり、928に自らを重ねあわせていたのだろう。そして、1984年にマッキントッシュが発売される。翌1985年、彼はアップルを追われることになる。

1997年に復帰したジョブズは、倒産の危機に瀕していたアップルを見事によみがえらせた。iMacに始まり、iPod、iPhone、iPadと次々に新製品を発表し、デジタルの世界を変革した。そのすべてが、スタンダードとして世界に流通している。彼がかつて侮っていたフォルクスワーゲンのように。

1974年のデビュー以来、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は今もなお自動車のスタンダードとして流通し続けている。現在のモデルは6代目で、日本では2009年から販売されている。2011年9月には待望の「ゴルフカブリオレ」が発売され、35周年記念モデルの「ゴルフGTIエディション35」が限定販売されている。バリエーションを広げているゴルフシリーズだが、それに先駆けて量販ラインの見直しが行われていた。今回試乗したのは、ベーシックグレードの「TSIトレンドライン プレミアムエディション」だ。

これまでなかったフロントフォグランプも標準装備に。
これまでなかったフロントフォグランプも標準装備に。
フルホイールキャップだった足元には、15インチのアルミホイールが備わる。
フルホイールキャップだった足元には、15インチのアルミホイールが備わる。
今回の変更で、「TSIトレンドライン」は「TSIトレンドライン プレミアムエディション」と名称が変更された。
今回の変更で、「TSIトレンドライン」は「TSIトレンドライン プレミアムエディション」と名称が変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る